ブログランキング22

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1036
  • 読者 399
  • 昨日のアクセス数 12665

恋をする女 42

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/23 00:38:58

  • 13
  • 0

あたしはぐったりとベッドに沈み込んだ。


結城さんが優しく額に落ちた髪を避けてくれる。
今更ながら現状を思い出して顔が熱くなってしまう。

「可愛い…もう一回する?」
「え!?」

結城さんって化け物!?
笑ってるから冗談だとは思うけど…多分。


その時あたしのケータイの着信音が鳴った。
慌ててディスプレイを確認すると…お店から。

結城さんに断って出ると、先輩社員の木山さんだった。
今度お店でやるイベントのことで、営業終了後に打ち合わせすることになっていたのだ。
「はい!すみません…大丈夫です!すぐ向かいます!」


「結城さん、すみません…あたしお店に戻らないと…」
「そうだよね、ごめんね…気をつけて」


慌てて服を着て、ホテルを後にした。
お店までは歩いても10分かからない。

小走りで向かいながら、あたしは冷静になった頭で思い返していた。



…あたし、付き合うとかそれ以前に、好きとすら一度も言われてないよね…?

食事にかけた時間は僅か1時間足らず。
場所は相手が元々泊まってるホテル。
帰りに「送る」の一言もない。

いや、決してそれを求めている訳じゃないんだけど…。


つまり完全にそういうことだよね?


遊ばれた、それを自覚したショックを感じつつも、
何度も同じようなパターンにハマる自分への自己嫌悪の方が強かった。


「なっちゃん?聞いてる?」
「は…? あ!すみません!!」

木山さんとの打ち合わせも全然耳に入ってなかった…。

こんなんじゃダメだ!!
仕事はちゃんとしないと!!!


あたしは頭を切り替えて仕事に集中することにした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 僕らは城下町を歩いていた。やっぱり場所が変わると「いい気分...

  2. それから1ヶ月がたった。お天気も良く、洗濯やら、布団...

  1. お腹が空き過ぎた先輩からのリクエストで、ご飯の小がどんぶり...

  2. あっという間に、金曜日になった。お店は落ち着いた雰囲気の洋風...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3