Love Story …

切ない恋の物語 

  • 記事数 215
  • 読者 1048
  • 昨日のアクセス数 207

中学時代(過去)164

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/22 21:49:55

  • 198

諒太の言葉が


耳の奥まで響く。



《起きてたんだろ?》




うそ……




バレ…てた…?




あまりの驚きに
目を大きく見開き
思わず両手で口を覆った。



「次の日の朝


お前の態度見て…


すぐにわかった。」



しらをきり通す事もできたけれど


どう答えていいのかわからなくて



私は黙ったまま
彼の言葉を聞いていた。



「俺…その時思ったんだよ。


まゆは大人だな…って。


さっきの事もそう。


俺の事、気を遣って


気まずくならないように
してくれた。


本当は、怒りたいのに


我慢して…」



「別に…そんな事……ない…」



本当に…



怒りたいなんて
これっぽっちも思っていなかったから



ただ、そう言っただけなのに…



「無理すんなよ…」



彼は、そう言うと
黙ってしまった。


しばらく…気まずい沈黙が続いた。


言いたい事も


聞きたい事も


山ほどあるのに…


熱のせいか


それとも、衝撃が大き過ぎたのか


思考回路がおかしくなっていて


全然言葉が出ない。



どうしよう……



気持ちだけが焦り



布団をギュッと握りしめた。



大きく深呼吸をして



ゆっくり頭を整理する。



今、彼に聞きたい事



《何故、私にキスをしたの?》 



ずっと気になっていた。



どうして?



私の事が好きだから?



それとも



単なる気の迷い?



おふざけ?



真実を知るのが怖かったけれど



聞くチャンスは
今しかないと思った。




「ねぇ、諒太。


一つ聞いていい?」



「……何?」




「どうして……



私にキスをしたの?」







*

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「あの…さ…気にしないで……私…諒太にだった...

  2. 『ねぇ、マリちゃん。』真面目な声色に、ドキッとする。...

  1. それから数日間目に見えないお互いのギクシャクは続いた...

  2. ………私が黙っていると「もう一度...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3