ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 162
  • 読者 1128
  • 昨日のアクセス数 24382

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/22 11:59:23

  • 120
  • 2

大柄は、スマホを弄るとわざとらしく溜息をつく。

「楽しい撮影ごっこだよ。もー撮れなかったじゃんー。あの子いい顔してたのにー。ほら、早く咥えろって」

ズボン越しに自分のいかがわしいものをまさぐっている大柄。
立ち上がり、ゆっくりと近づいてきたが、小林先輩が制した。

「もういいよ、そいつは。タイプじゃねえし全然勃たねえわ」


そう言って小林先輩は柵に足を掛けて、ひらりと柵の向こうの雑木林に降り立つ。大柄も柵を悠々と乗り越えた。


「に、逃げる気ですかっ」

「バイバーイ、碧ちゃん」

大柄は腑に落ちない顔をしていたが、小林先輩たちは繁茂して手入れのなっていない草木の中に消えていった。


足は震え、鼓動はまだ早鐘を打つように忙しなく、今になってどっと汗が噴き出してきた。

最低だ…あんな奴ら。


撮影ごっこと称して、撮っているのか…
千晴と美咲ちゃんは、そのターゲットだったの…?


「―――白川!」

大きな呼び声にハッとし振り向いた。村上先生の声だ。その後ろを藤田先生、新任の堤先生が駆け寄ってきた。


「あ…先生…」

村上先生は、それは心配そうな顔をして私を見つめる。


「何もなかったか?」

「はい、私は……」

すると、藤田先生の低音が耳に飛び込んできた。

「――小林か?」

「はい、あと体格のいい人が…」

「平沼だな」

藤田先生も村上先生と同じように、深刻そうに溜息をつき、身を屈めて地面に落ちていた吸殻を手に取った。

「バカだなぁあいつらは……」

本人たちは単なる遊びかもしれないが、全国に報道される事件にもなりかねない、学園の継続が危ぶまれるような卑劣な出来事に、そこにいた全員が言葉を失くし、落胆した。

千晴は助かったけれど、美咲ちゃんは実際どんな被害を受けたのか…事実は彼女と奴らしか分からない。


その後すぐ、美咲ちゃんは先生方に呼び出され、事情を聞かれていたようだが、「何もされていません」と答えているのが見えた。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. Clariceさん(99歳)ID:5645391・11/22

    ソフィーさん
    ありがとうございます✨
    もう150までやってまいりましたー!
    小林先輩と遥の関係ももう少し掘り下げて書きたいです(╹◡╹)

  2. ソフィーさん(70歳)ID:5644701・11/22

    150おめでとうございます。
    小林先輩は浅野君との関係知っているから見逃してくれたのかなぁ…?

    それにしても最低な奴らですなぁ😠

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 礼服を着て出社しようとする夫
  2. 女性と絡む彼を注意したら逆ギレ
  3. 交際7年 結婚したいと思っていた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3