ブログランキング12

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1012
  • 読者 1185
  • 昨日のアクセス数 27799

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/22 08:54:51

  • 131
  • 2

『池添、凹んでたな。」

結局その場は、

『難のない人生なんてないようなもの。
誰でも、いつも、これでいいのか、って迷いながら生きてるものよ。
ね、ハルちゃん、ハルちゃんはどうなの。
これはハルちゃんの問題よ。
人がなにか言ったとしても、それが納得できなければ無視すればいいの。
自分がどうしたいのか、なにをしたいのか、それはひとりじゃないんだから、もっと池添さんと話さなきゃね。
まだ話し合いが足りないんじゃないの。
なんだか池添さんがひとりで慌ててるように見えるの。
もちろん、ハルちゃんが大事だからよ。
急ぐことはないのよ。

もっと話して見たら?』

そんな母の言葉で今日は治まってしまった、というより、母には私が攻撃的に見えたのではないかと思う。
だから、ふたりの問題だと、原点に戻したのかもしれない。

『まあな、それだけヤツが人間臭いというか、鉄面皮を心得てるバリバリの医者にはなりきれてないって事かな。
俺は仕事を考えたら、そんなヤツでよかったと思うぜ。
他の医者のように、病名をはっきりわからせる、それができる仕事でもないしな。
同じ症状でも、人によって対応が違う。
癌だから切ります、そう言える外科医なんかとは違うって事じゃねえの。』

『そんなことわかってる。』

『そうか。それで?
なにがわからない?』

『わからないのではなくて、今日みたいに、山のような買い物をしてきたって、晴美らしくはなくて。でも、晴美はそれで我慢を続けていくのかと思ったら、堪らなくなった。
スッキリできた、には、マキちゃんが言ってくれたけどね。』

『まずは、それからじゃないのか。
晴美がどうやったら池添を理解できるのかは、晴美が考えなきゃいけないことだろう。
色々やって自分で見つけなきゃ。
それができないのなら、駄目だって事になるのかな。
お互いを知っての上で一緒になったんだから、それならとことん知り尽くさなきゃ続かねえだろうよ。』

はい、ごもっとも。仰る通りですわ。

『しのぶ、しのぶがそう考えるのは、晴美が気になるからだってのはよーくわかるぜ。
だけど、しのぶがそこまで考えるのは、俺がとんでもない無理難題をおまえに押し付けたからだよな。
それに比べたら、あのふたりが今悩ましく思ってることは、いつも相手を目の前において、みて、判断できることもあるわけで、なにもわからずに、ひとりで苦しむ事はないってことだよ。
なにもわからずに、一方的に攻撃されたおまえとは違う。
守る事ができなかった、俺とは違う。池添は晴美とコタを守りたいと思ってる。それも、自分がそばにいてだ。

俺のように離れたりはしないって事だ。
今更だがな、しのぶが受けた傷の深さは、底が見えないくらいなんだよな。』

また、そこに戻ってしまった。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5647395・11/22

    コニーさん
    消しゴム、あったらいいね。

    みんなわかってるんだけど、どうしたものか、私に断りもなくい続ける、厚かましいやつ。

    右から左へ、流せたならいいね。

  2. コニーさん(99歳)ID:5645550・11/22

    しのぶさん


    次の記事で、偉そうにコメントしてしまったのだけれど

    人は人、自分は自分
    そう、割りきることが出来るならば
    どんなにいいでしょうね、

    そう、過去に囚われて
    夢にまで見てしまう
    そんなもの、要らない
    いくら心で思ってみても
    裏腹で、出てくるんだよね、
    哀しいかな亡霊のように……

    消ゴムで消せたら良いのに……

    心の底辺……
    そんなところに、渦巻いてるんだよね

    小さくなったり大きくなったりしながら……

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 母親教室の参加者にビクビクする
  2. 夫のボーナス三桁って当たり前
  3. 脱ぎたてホカホカ下着を渡された

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3