ブログランキング70

ちなつのブログ

短編を気が済むまで書いていきます。 今は松本くん編♡リクエスト募集中です☆

  • 記事数 1835
  • 読者 7276
  • 昨日のアクセス数 2939

きぃとマミの秘密の事情39

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 夫婦生活

2016/11/22 01:45:48

  • 323
  • 0

ジッと私の目を見つめる、コウ。
視線を反らせたら負けたような気がして、私もジッと見つめ返す。

「…マミの事をどう思っているかって、そんなの決まってるだろ?」
「その決まっている事を言って。」
私の言葉にちょっと戸惑っていた感じだったけど、一呼吸おいてから言ってくれた。

「…マミは俺にとって、世界で一番大事な人だよ。」

コウははっきりとそう言った。

…違う、違うよ。
私の欲しい言葉はそれじゃない。

私の体から一気に力が抜けていき、ペタンと座り込んでしまった。

「…マ、マミ?」
…人って打ちのめされると涙も出ないんだね。
あんなにすぐポロポロ泣いていた私なのに、本当に泣きたい時に涙が出ないなんて。

「…大事な人なら何故触れないの?
いつもいつもそう!私の事なんか放ったらかしで!ちょっと息抜きにスイーツ食べに来ただけなのに、ズカズカとやって来て急にこんな所まで連れてきて!
挙句の果てに『大事な人』?
そんなに大事なら、ちゃんとしろーっ!」

…私、初めてかもしれない。

コウに対してこんなに怒ったの。
今まで私はコウにどんな事をされても、不満に思っていても、嫌われるのが怖くてグッと我慢をしてしまっていた。
きぃはそんなのフェアじゃないと言っていたけど、甘える事が出来るようになるまでにだって時間がかかったのに、それを怒る事なんて…。

コウを見ると、ビックリして目を白黒させていた。
もう知らない。
こうなったら、トコトンやってやる!

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 婚礼44

    2015/02/06

    「…何、1人で暴れてんの?」低い呆れたような声にビクっとし...

  2. 青恋 99

    2014/03/02

    「マミちゃんがベンチで意識なくした時もしかしたらこのまま死...

  1. 「…んっ。……ぅ、ふぅん…。」マミはギリギリの所で理性が...

  2. 高校252

    2014/04/14

    黙って料理の準備をしてたら、マミとコウスケくんはもう違う話...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3