ブログランキング38

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2329
  • 読者 565
  • 昨日のアクセス数 6377

奴が来る【365】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/25 16:57:33

  • 32
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





6時になると同室の他の3人に食事が
運ばれてきた。


「そろそろ、面会時間が終わっちゃう」


2時間、ずっとカオルのそばから動かない
タクミはチラっと時計をみた。


「明日はちゃんと朝に来ますから」


キュキュっと手を握り、そっと離す。そして、
頬にチュッとキスをして、病室を出た。


タクミの足音が遠ざかっていく。



「ん……」


カオルのまつげが震える。


「タ……クミ…?」


カオルの目がゆっくりと開き、ぼんやりと
していた焦点が徐々にあってくる。


………なんだか、そこにいるような気が
  したな。タクミ……


しかし、タクミが帰った後だった。








翌日は目覚ましをがっつりかけ、パチッと
目が覚めたタクミだった。


「事務所はさみ~~~~」


ダウンジャケットを着て寝ていたが、やはり
ソファでは寒かった。


ピリリリ、ピリリリ、ピリリリ……


机の上のスマホが鳴る。画面をみると
「アスカさん」とある。


「はい!」

『おはよう~タクミちゃ~ん』

「おはようございます」

『カオルの様子はどぉ?』

「昨日はまだ意識が戻ってないです」


少し間があって。


『今日、そっちへいこうかしら』

「え?お店はいいんですか?」

『いいわよ~、別に私がいなくても』


どうも、昨日言っていたことと、矛盾する。


「だって、お店のおもてなしが…」

『いいの、ここには私の右腕がいるんだから』


いつぞやの、年下の彼の事。


『年末の支払いとかしなきゃでしょ、タクミ
ちゃんには無理だから、お昼には行くわ』

「わかりました。じゃあ、店で待ってます」

『よろしくぅ~~』


通話を切ると、午前の面会時間までに
帳簿をすぐに見られるよう、準備した。







同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       翌朝...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       バーテン...

  1. ☆ボクはそれでも恋をする☆       「待って...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       様子のお...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3