アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 194
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 119

テーマ:小説 > 短編

2016/11/27 00:13:56

  • 0
  • 0

久しぶりだ。大抵コンビニ食品だったから。
今どき、だいたいのものはコンビニで間に合うからな。
スーパーって本当色々あるな。
なんというか、男1人で買うのはちょっと勇気がいる。
大抵、こういうスーパーにくる人は誰かの大事な人の
ために買っていくから。1人もんもいるだろうな。
ま、今日はちょっと頼りにされて嬉しい。
目当ての商品と飲み物と惣菜とスイーツを買った。
電話をしてみる。
「もしもし、目当てのもの買った。あと15分くらいで
着く。また連絡する。」通話終了。
だけどそんな普通のことが今は嬉しい。
誰かと繋がってる安心感。
(家族って羨ましい。結婚生活ってこんなふうか?)
15分後、リリの家のドアに立つ。
今までは意識してなかったが、チャイムを鳴らすことに
緊張する。また、電話する。
「もしもし、ドアの前にきたから開けてくれないか」
「分かりました。ちょっと待って下さい」
パタパタ走る音がする。
「お待たせしました。どうぞ」
ゆっくりドアが開いた。
「どうも久しぶりです。今日は買い出しさせてしまい
ご免なさい。ありがとうございます。テーブルにちょっとしたおかずがあります。お茶飲みますか?」
「じゃ、お茶もらう。ありがとう」
ささやかな夕飯が始まろうとしていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 別れ

    2014/05/16

    途中コンビニでお茶を買った。緊張でノドがカラカラだった...

  2. 新生活。6

    2014/12/15

    朝帰りをして立ち寄ったコンビニで私は見慣れたジャージが目に...

  1. 灯と別れて晩御飯の食料を買いにスーパーに寄った。家からは...

  2. 着替えを始めます。一緒に部屋を出てユウトは駐車場へわ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/28 編集部Pick up!!

  1. 「子連れ客」の態度にモヤモヤ
  2. 妻の「整形したい」に呆れた夫
  3. 母が亡くなり保険金受け取ったが

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3