ブログランキング15

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1368
  • 読者 2170
  • 昨日のアクセス数 21355

小説)女心と空模様166

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/21 17:18:05

  • 121
  • 2

それから数日、彼と過ごした。その間、彼は実家へと連絡を取り、週明けに二人で行くことになった。

「今日から仕事だな…」
「そうだね……もう少し休みたかったな」
彼との朝食。今日は母に教えてもらった煮物と味噌汁を作った。
「たまには和食もいいな」
「うん……もう少し作れるようにならないとね!」
「無理はするなよ?仕事もしてるんだし」
「出来る範囲で頑張ります!」
私を見る彼の目はどこまでも優しい。

彼の車で会社へ。企画部のフロアにつくと、みんなの視線が私と彼へ注がれた。それもそうだ。仕事納めの日に、彼が私との結婚を宣言したんだから。その視線に気づいた彼が、咳払いをする。
「俺は公私混同はしないから、今まで通りみんなよろしくな!」
「……はい!」
彼は自分のデスクへ。私も自分のデスクへ座る。

「山田、おはよう!」
「おはようございます、榊先輩!」
「部長のあの宣言は……凄かったな…」
「まさか言うなんて思ってなくて……私も…ビックリしました…」
コソコソと話す。
「あの部長だからな!やるときはやるだろ!」
「そうですね!」
デスクに座る彼をちらりと見る。

何度見ても……やっぱり好きだ…

顔が思わず緩んでしまう。私は顔を軽く叩き、仕事を始めた。年明けすぐの仕事で、まだ取引先は休みのところも多く、さほど忙しくなかった。

「恵子!お昼行こ!」
「うん」
紗枝と二人、社食へ。

「休み中はどうだったの?」
「年明けに私の実家に行って…挨拶っていうか…結婚の申込み?してくれた」
「そっかー…いよいよだね!」
「うん……紗枝は?」
「あ……うん」
紗枝は小さく笑い、その頬は赤くなった。
「実はね……赤ちゃん…」
「……ええ?」
「出来たの…」
彼女の笑顔が、その嬉しさを物語っているようだった。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. アリーさん(44歳)ID:5641528・11/21

    紗枝ちゃん、おめでとう🎉

  2. コトネさん(99歳)ID:5639840・11/21

    紗枝ちゃんおめでとう♡
    何か、ケイコちゃんに良い意味での変化をもたらしてくれそうな気配…というか期待(笑)

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 義母に前妻と比べられキレた結果
  2. 電車の席譲らない人に逆ギレ
  3. 彼「ダメンズ」にしてしまう女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3