ブログランキング61

俺のものにしたい version B

恋ってステキ♡フィクションラブストーリー

  • 記事数 1142
  • 読者 6903
  • 昨日のアクセス数 5725

甘くて苦いチョコレートパフェ

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/21 14:01:16

  • 234

「…………………。

知らない。」


「???

知らないってなんだよ。」


「知らないは知らない!」


マイミはふてくされたような表情で、プイッと顔を
横に向けた。


「ずいぶん突き放したような言い方するんだな。

…知らないってコトは………

アイツのことなんかもうどーでもイイってコトだ。

……ん。わかった。」


ショウヘイは何かを察すると、注文したコーラを
ストローでひと口だけ飲んで椅子から立ち上がった。


「???」


「んじゃ。」


「は!?話ってそれだけ!?」


「うん。」


話はそれだけですが何か?と言いたさげな顔で
頷くショウヘイ。


「はぁ〜!?!?
こ、こんなくだらないことでわざわざ呼び出さない
でよね!もう!私だって忙しいんだから!」


「別れたなら前より忙しくねーだろ。」


「!!!
い、今もめちゃくちゃ忙しいっつーの!!」


「否定しないってことはやっぱ別れたんだな。

今もめちゃくちゃ忙しいってコトは…
新しい男でも出来たか?クスッ。」


ショウヘイは軽く鼻で笑った。


「…で、出来てないし!」


「ま、姉ちゃんが誰と付き合おーがどーでも
イイケド。んじゃ。」


ショウヘイは帰ろうとした。


が。


「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!バカ弟!」


「あ?」


バカ弟と言われ、不機嫌っぽく振り返った。


「…パ、パフェくらい奢りなさいよ。」


「は?なんでオレが奢らなきゃいけねーんだよ」


「忙しい私を呼び出したんだからこれぐらい
イイでしょ!
チョコレートパフェ食べたいの!」


「…子供かよ。…ったく。

どーせオレにアイツの愚痴聞いて欲しいだけだろ。」


「!?!?」


…な、なんで私の本心わかんのよ!
コイツエスパー!?キモっ!



図星を言い当てられ悔しがるマイミ。


だが、よくよく考えると、ショウヘイは20数年マイミの
弟をしているのだから、姉の魂胆がなんとなく読めても
なんら不思議ではない。


「と、とにかく私はチョコレートパフェ食べる!」


「勝手にどーぞ。」






数分後。



注文したチョコレートパフェがやってきた。


パクっ。


「ていうか、どうして教えてくれなかったのよ。」


「何が?」


「ハヤトくんに…セフレがいるコト…。」


「………………?
別に、言う必要ないかなって思って。」


「言ってよ!」


「言ったってどーせオレの言うことに
聞く耳なんか持たねーだろ。」


「…そ、そこは大事なとこでしょ!」


「そうか?

過去の話なのに?」


「過去のコトでも!!」


「過去は別に関係なくね?」


「関係あるわよ!

そのせいでこじれたんだから!」


「気にしなきゃいーだろ。アイツの過去なんてさ。
今が幸せならそれでいーじゃん。」


「気にしないでいられるわけないでしょ!」


「気にしすぎなん…」


「来たのよ!わけわかんない女が!」


「???」


ショウヘイの眉がピクリと動いた。


「セフレの女がいきなりハヤトくんちに来たのよ。
私とデートしてる時に突然!」


「!?」


昼ドラのようなドロドロ修羅場珍事件。


これにはさすがのショウヘイも言葉を失った。


「あーらら。ならしゃーねーな。お疲れちゃん。」

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 友人に婚約報告し半年後に婚約破棄
  2. 結婚1週間 離婚したくて置手紙
  3. 玄関のXmasリース盗られて悲しい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3