ブログランキング77

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1252
  • 読者 505
  • 昨日のアクセス数 2122

恋をする女 39

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/21 01:27:25

  • 27
  • 0

結城さんに連れて来られたのはすぐ近くのホテル…。

「ここに泊まってるんだ」


えっ!?ってことはーー
もしかしてヤバい展開!?


「あ、あの……」
「見せたいものがあるんだ」


見せたいもの??


なんだか楽しそうな結城さん。
「ここだよ」
「これって……」

夜だから照明が消えてて暗いけれど、一目見てわかった。
チャペルだ。


「ここで結婚式とかやるんですね…」
色とりどりのステンドグラスも今は照明を落としてしまってるようだけど、光を浴びたらとっても綺麗なんだろう。


「うん…でも本命はこっち」
イタズラっぽく笑いながらチャペルの脇を通り過ぎ、大きな窓ガラスの前まで手を引かれて行った。

「! わぁ…っ」

目の前いっぱいに広がる、光り輝く街。
ところどころ瞬き煌めいて、まるで宝石箱のようだ。

あたしは夢中で魅入ってしまった。

いつの間にかあたしの肩に手が回されていて、その指に少し力が加わった時に気付いた。
反射的にその手の主を見上げたその時………。


近付いてきた唇が静かに重ねられた。


すぐに離れて優しく微笑んだ結城さん。
あたしは言葉を失って口をパクパクしていたと思う。


逞しい腕に包み込まれたかと思うと、次はさっきよりも深く唇を合わせられる。

普段の穏やかな笑顔からは想像出来ない、貪るような激しいキス。


既に心臓は爆発寸前だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ワイングラスを取ろうとすると、彼が、私の腰に腕を回してぐっと...

  2. ノブオ君は私を抱きしめたまま何も言わない・・・。何かを考...

  1. 422.帆船

    2016/01/30

    .瀬名さんが連れてきてくれた港町は、すでに夜の帳をし...

  2. 寄り添う

    2015/05/31

    時々、事務室を出て風を浴びる。森を抜ける風は私を包む。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3