ブログランキング41

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2089
  • 読者 506
  • 昨日のアクセス数 6594

容体【360】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/23 20:50:37

  • 35
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





病室


「カオルさん…」


タクミは入院用の荷物を持って、病室に
現れた。


「………」

「寝てるのかな」


そっと顔を覗きこむと、カオルは苦し
そうな息遣いで眠っていた。
額に手を乗せ、その熱さに驚く。


「全然下がってないじゃん」


不満気に唇を尖らせる。
着替えをロッカーの引き出しに移し、
コップや洗面道具を棚にしまい、ベッド
サイドにスリッパをそろえた。

かなりのスピードで落ちる点滴をみて、
不安がふくらんでいく。


「ナースステーションへ行ってきますね」


と、寝ているカオルに声をかけ病室を
出た。







「あのぉ~」


遠慮がちに声をかけると、看護師が振り
返った。


「何か?」

「凪カオルの家族です」


ちょぴりウソをつく。


「あぁ」


けだるそうに立ち上がり、タクミから書類
を受け取ると、目を通す。


「家族なのに苗字が違うのね」

「えっと、母方のいとこなんで」

「ふぅん、まあいいや。ここは24時間の
完全看護だから夜の付き添いはいらないです。
面会時間が過ぎる前に帰って下さい」


事務的で冷たい言い方に、さらに不安に
なる。


「判りました。それではよろしくお願い
します」

「何か容体が急変したら、連絡をいれます
ので緊急連絡は常に受けられるよう注意
しておいてください」

「はい」


タクミはお辞儀をして、ナースステーションを
後にした。もう1度、カオルの病室にもどり、
ベッドの横にある椅子に腰かける。


「本当に大丈夫かな…」


眉間にしわをよせ、しばらく動けないでいた。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミは...

  2. 1954 再入...

    2016/01/15

    気合い入れて病院の廊下を進んでいるとふいにカオルくんの...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       カオルが...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       「さ、寒...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 義両親との別居を検討する嫁
  2. 授乳中にひっかかれ断乳考える
  3. 両方の親の面倒見る事に不安抱く

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3