ブログランキング16

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 165
  • 読者 1144
  • 昨日のアクセス数 21194

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/20 22:53:29

  • 160
  • 2

私が休んだその日以降、遥が学校に来る事はなかった。

もうお母さんの街に行っているのか、まだここの家にいるのか…
バタバタしている事は確かだろうから、こちらからは聞けなかった。

それでも、たまにヘンなLINEスタンプだけが送られてきたりする。
それが、“俺の事忘れるな”って意味に思えて、愛おしかった。

遥は、ああ見えて意外と泣き虫だから、彼が泣きたい時は、そばにいられなくても、心だけは寄り添っていたい。


遠く離れても会いに行けるように、バイトを探すことにした。
一度会いに行けば諭吉数枚が軽く吹っ飛ぶ。バイトを始める事には母が反対するだろうけど、どうしても交通費は稼ぎたい。
私は近所の張り紙を探したり、アルバイト情報を見たりして過ごしていた。


ゴールデンウィークの合間に、観測会が行われた。
村上先生の車で行くカレーの材料の買い出しには、高田部長と美咲ちゃんが行っていた。

「あれ?美咲ちゃん、じゃんけん負けてたっけ?」
と聞くと、美咲ちゃんは、小首を傾げてうふふと笑うだけだった。

カレーは、家庭科調理室を借りて調理する。デザートは炭酸ジュースで作るゼリー。それを食べた後は、陽が落ちるまで天文の話や、親睦会などを行う。

村上先生には、「白川、包丁使ったことあるの?」とチャチャを入れられて、赤っ恥をかかされ………料理は得意ではない。


前と何も変わらない先生の態度。
間違ってても迷っていても、「それがお前だ」と認めてくれる。そんな村上先生を敬い慕う気持ちは変わらない。
先生が、私にとって特別な人である事は揺るがなかった。


カレーとデザートを食べ終えて、みんなで洗いものをして、部室に移動する。
部室からも、ある程度観測できるそうだが、天文に疎い私は話を聞いてもちんぷんかんぷんで…。
美咲ちゃんもあまり詳しくないようで、二人で笑い合った。



観測の話や、春の星座の話を聞いている最中、
「あ、私、鍵持ってきちゃってました」
美咲ちゃんが、ポケットの中から調理室の鍵を出した。

「返しに行ってきます」

「ついて行こうか?廊下もそろそろ暗いし…」

「大丈夫です~。一人で行ってきます」


美咲ちゃんは笑顔で席を立ち、部室を出ていった。

村上先生は……と部室内を見回すが、いつの間にかいない。
職員室にいるのかな。そうだとしたら美咲ちゃんと一緒に戻ってくるかもしれないし、暗い校舎内も安心かも。


しかし、美咲ちゃんはしばらく経っても戻って来なかった。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. Clariceさん(99歳)ID:5643580・11/21

    ラウラさん
    その線は考えていませんでしたー!村上先生は情けなくも素敵なままでいてもらおうと思っています😊

  2. ラウラさん(36歳)ID:5637044・11/21

    まさか…村上先生と?

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 霊感強い女性が病院で見たもの
  2. レシピ通り作った料理に夫の感想
  3. 同居義母に夫が注意したら半泣き

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3