ブログランキング18

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1361
  • 読者 2164
  • 昨日のアクセス数 15212

小説)女心と空模様164

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/20 20:30:20

  • 111
  • 2

直接感じる熱。その熱が手を通じて、私の中に入り、淫らな熱情を引き出していく。今以上のことをして欲しくて、私の手は彼を愛撫し続ける。私の手に添えられた彼の手はいつの間にか離れていた。

代わりに、その手は乳房の突起を摘まみ、クリクリと揉みしだく。時折、キュッと強く摘ままれ、痛みを感じた声を発する前に、また優しく摘まむ。

何度も重なったり離れたりしていた唇は、お互いを貪り合い始める。ヌチュヌチュと舌が重なり、絡み、唾液があとからあとから溢れてくる。

体が熱く燃え上がり、もう自分ではどうにも出来ない。私の手の中の彼は、一段と固さを増し、その先端から分泌されたであろう液体が、私の手の動きを助ける。

「ね…お願い……」
唇が離れて発せられた甘い声。
「……いかせてあげる…」
彼の手が私の中に一気に侵入した。
「あ!ああ!」
「ああ……凄いな…中…うねってる…」
彼の手は器用に2ヶ所を責め始める。外の突起を撫で、中の浅い部分を撫でる。十分すぎるほど待たされたその快感に、ボルテージは一気に跳ね上がる。

「気持ちいい?」
「いい…いいよぉ!」
彼の言葉をただ繰り返す。その言葉の意味を考える余裕はない。
「もういきそう?」
「いく…いく…いくのぉ!」
体にとてつもなく強い電流が流れる。体がビーンと伸び、一気に力が抜ける。中からドロドロとしたものが出てくる。それを止めることは出来ない。
「あ…は…あ…なん…か…あ…はぁ…」
呼吸が乱れ、言葉は出ない。私を見下ろす彼をただ見ることしか出来ない。その顔はとても満足そうに見えた。
「気持ちよかった?一人でするのとどっちがいい?ん?」
彼の唇が私の乳房の突起を含む。それを舐め、吸うと離れた。
「一人でするほうがいい?」
優しく頬を撫でる。
「…あ…はぁ…こっち……これが……いい……」
まだ調わない呼吸で答える。
「それが聞きたかったよ、恵子…」
唇が重なり、強く吸いつく。苦しくなり、顔を背ける。それでも唇が離れることはなかった。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. アリーさん(44歳)ID:5635100・11/20

    ケイコちゃんモヤモヤ治まったかな?
    私は出勤前の準備しなからウズウズしちゃってます(>_<)

  2. コトネさん(99歳)ID:5635076・11/20

    今日は四時起きで、朝から忙しかったけど、また楽しくも嬉しい内容になってきて、とても嬉しいです。
    ほんと、サヤカさん、文才ある!

    ケイコちゃん、素直にね!
    ユウマはS程々にしつつ(笑)、ケイコちゃんを大切にね!

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 新人を虐めて退職に追い込む独女
  2. 不妊治療する人は金持ち多いのか
  3. 公務員に内定で「日本も終わり」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3