王様の耳はロバの耳

基本、読み専です。 旦那のへの想いが心の中から溢れた時だけ、こぼしにきます。

  • 記事数 94
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 57

2016/11/20 19:46:12

  • 9
  • 0

夕食を作りながら、キッチンにやってきた旦那に聞いてみた。

私→今日はエッチできる?
(前夜、久々に仲良ししたから、連チャン…笑)

旦→今日は寝るよ。意地悪言わないの!

私→先週寂しかったなぁ…
また、明日からも夜勤あるし…

旦→僕は仕事してた。



私が話し終わる前に、かぶせるようにそういった。



間違ってない。
その通りだよ。
仕事してた…

私は寝てて、旦那は仕事してて…


寂しいとか、口にしなきゃよかったな。
って、思ってしまった。


言ってしまった言葉は、取り消すことができない。

もう、寂しいなんて言わないことにしよう。




旦那は、言った後…私の気持ちが一瞬止まったことに気づいたのかもしれない…


旦→いや、あのさ…明日は天気も微妙だから、多分ないから。だから、家にいるから。



慌てたように一気にそう言った。



今回の夜勤は、初夜勤の若い子を指導、見守るため。
だから、1週間付添ったら、次からは1人でしてもらう。
旦那の役目は後1日。


それもあって、そう言ったんだと思うけど…




でも、なんだかやっぱり寂しかった言葉だったな…



気にしてないよ。


って、フリして…


またにっこりしていよう。

大丈夫、大丈夫。
すぐ慣れるよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 過去のマウント言動を思い出した
  2. 彼30代がケチで結婚指輪が1万円
  3. 義実家の生活費を負担しカツカツ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3