ブログランキング7

Fictions

卒業後の千晴と藤田先生編

  • 記事数 365
  • 読者 2015
  • 昨日のアクセス数 46910

143 先生 31

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/20 19:12:56

  • 205
  • 10

「俺も研究所でがんばるから。お前もがんばれ」

すると、浅野が目を見開いて組んでいた足を解く。

「…え?センセー辞めんの?」

「ああ。ここにいるのは1学期までだからな。お前がいなくなったらすぐ俺も消えるんだよ」

「…………」

「俺は、やりたい事をやるよ。お前もそうしろ。お前らはまだ何も始まってないし、何も終わってない」




浅野の、色素の薄いその瞳が赤くなったのが目に入った。
すぐに顔を伏せて、見えなくなったが。


「泣いとけ。母ちゃんの前では泣けねえんだろ」

「………」

「辛かったら、いつでも連絡しろ。―――昨日の事は、白川を責めないでやってくれ。事故のようなもんだから」

「……事故とか言うなよ。思いつきで生徒に手ー出してんじゃねえよロリコン…」

顔を伏せながら涙声で言い返してくる。


「大丈夫だよ。もう、お前を裏切らないから………すまなかった」


浅野は何も答えなかった。
進路指導室の窓から見える風景は、若葉が萌え、新緑の山々が広がっていた。成長著しい緑は、まるで学園の生徒たちのようだ。



白川はその日休んでいた。
少しためらったが、晩にメールで様子を窺ったら、すぐに電話が掛かってきた。




『先生…昨日はごめんなさい』
真っ先に謝る白川。先に謝ろうと思っていたのに。

「いいや。俺こそ…大人げないことをした。本当に…悪かった」

『私が望んだ事だよ、先生…。謝らないで。先生は何も悪くないよ』

何も悪くないわけがない。俺も望んでいたのだ。結ばれる事を。


これから、俺が彼女にしてやれることは………
大人として、未来に導くことだ。


「もう、辛くてもふらふらするなよ。それと…もう少し浅野の事、信じてやりなさい」


最後にそう言い、電話を切った。


俺は、確かに彼女を好きだった。
最初、彼女に詩織を重ねていたことも、滑稽で笑えて来る。


「さあ……煙草吸ってから仕事するか……」


バルコニーに出て煙草に火をつける。細く浮かぶ三日月が俺を睨み、春の夜空に無数の星が散りばめられていた。

これからは、やりたかった研究をして、自分の人生を歩んで行くのだ。

俺も、何も終わってはいない。
ただ前に進むのだ。

同じテーマの記事

  • 351日前
  • 243日前
  • 3718時間前
  • 3813時間前

コメント10

しおりをはさむ

  1. Clariceさん(77歳)ID:5636337・11/20

    アリスさん
    ありがとうございます✨
    碧編で話を進めた後、また目線変えて書きたいと思います⭐️

  2. Clariceさん(77歳)ID:5636334・11/20

    クララさん
    ありがとうございます😊
    クララさんのコメントすごく嬉しいです、碧ありきの先生編だったので、話が繋がってホッとしています☺️
    次からまた目線が変わりますが、おつきあいいただけたら幸いです。

  3. アリスさん(43歳)ID:5635753・11/20

    先生編終わっちゃうの寂しい...
    また書いて下さ〜い(*´∇`*)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 職員室に行くとタナカ先生は私を待ち構えていた。「おーやっ...

  2. 「 なんだ!? また、吞み会か? お前、毎週だなぁ。 」...

  1. 営業部の定例会議が終わり、ぞろぞろと席を立つ。『いやー、...

  2. ………私は振り返って驚いた!!...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/27 編集部Pick up!!

  1. SNSに式場の文句書く花嫁に呆れ
  2. 親切にされても感謝しない子連れ
  3. 横文字の使い方にモヤモヤしてる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3