ブログランキング74

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1747
  • 読者 474
  • 昨日のアクセス数 3771

探検【356】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/21 20:37:01

  • 43
  • 2

★ボクはそれでも恋をする★       





2階へ上がってきた。


「ここもきれいだな。さて、寝室、寝室」


目の前に1つ、振り返って1つ、ドアがある。
振り返って見つけたドアの奥に、ちょっとした
スペースがある。


「あれは?」


悪いとは思いつつ、好奇心からそちらへ
足を向ける。
4帖くらいの仕切られていないスペースに
作り付けの机と本棚があった。


「男の書斎って感じでかっけーな」


本棚にはアクリル板の扉があり、中に
経営学やホテル関係の本が並んでいる。
他にも宿泊関連の雑誌やアミューズメント
関連の物もあった。

机に視線を動かすと、スリープになった
ままのPCの横に写真たてが2つ。


「ん?高校生?」


写真には「沖高校」と書かれたバスケットの
ユニフォームを着た少年が1人写っている。
もう1つには、温泉宿の浴衣をきて、嬉し
そうに笑っている青年。

山崎にはこの2人が同一人物で、さっきリキ
が何度も呼んだ『タクミ』本人だと、判った。


「可愛い。こんな顔で笑う人が恋人なんだ」


山崎は切なくなり、その場を離れ、その
スペースの横にあるドアを開けた。


「あれ?なんにもない」


開けた部屋は何もなく、がらんとしている。


「もしかして、ここが『タクミ』さんの
部屋になるのかな。原田さん、自分はあの
狭いスペースで、恋人にこんな立派な部屋
をあてがうんだ。愛してるんだな…」


静かにドアを閉め、残った最後部屋の
ドアを開けた。


「ここだ……すげぇ」


そこにはダブルベッドよりはるかに大きい
ベッドが真ん中にそびえ、室内はモノトーン
で統一されていた。


「流されてここでヤラなくてよかった。
さ、場所が判れば、原田さんをここへ運び
ますかっ」


ドアを開けたまま階下へ降りて行った。

掛けた上着ごと抱き上げ、静かに2階へ
あがり、ベッドへ横たえる。
ふわふわの布団を掛け、リキの顔を見る
と、とても幸せそうに眠っていた。





△(´;ω;`)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5647341・11/22

    キャロラインさん

    そうよ、そうよね。
    ま、その辺は物語なので、
    エリスの魔法で、ちょちょいっと。

    ヲイ!

    北海道って、地平線を見ることが
    できるんですものね。

  2. キャロラインさん(40歳)ID:5642207・11/21

    たっくんが卒業して北海道に来ても、新井さんの職場が小樽に近くなかったら結局、遠距離みたいなものなんだけど(北海道はでっかいどうは、本当なのよ😱)・・・リキとたっくんはわかってるのかな?←って違うことが心配になる道民の私(>_<)(だって部屋とかもう用意してるし!)

    遠距離ねぇ、どんなに愛し合ってても大変だよね〜( ;゚³゚)

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 入社3ヶ月で妊娠退職され迷惑
  2. 彼30代がケチで結婚指輪が1万円
  3. 不倫している30代半ば独女とご飯

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3