ツインレイ-再会したふたり-

中学生の時に小さな恋をして別れ、再会したふたりの物語とhoneyの人生の物語。

  • 記事数 432
  • 読者 266
  • 昨日のアクセス数 563

温かい手のひらも、快感グッズ。

しおりをはさむ

2016/11/20 10:46:49

  • 9
  • 0

『honeyの唾液が飲みたいの』
そう言われていたことを思い出した。
口を開けて、下を向いてると
少しだけ唾液が集まってくる。

そっと、キスをしながら唾液をDarlingの口に落とした。
Darlingは、一瞬目を大きくしてから
小さく『うん』とうなづいた。

腰をくねらせて、お互いの性器を刺激する。
服を着たままで。
たまらなくなったDarlingが、ブラウスの下のブラジャーのホックを外す。

Darlingの温かな手のひらが、指先が
背中や脇腹を撫でてゆく。
おっぱいを掴んで、乳首をつまむ。ひねる。

「ああぁぁ」
『痛いん?』
「あぁん、気持ちいい」
『気持ちいいん?』

ずっと声をかけてくれる、Darling。

ふたりで裸になったら
すぐにDarlingは、足の間に入ってきて
インサートの形をとった。

Darlingの太いペニス。
少し柔らかいくらいの時が、好きだったんだけど
ぎっちり硬いペニスも好きな感じ♡

ずいっずいっとヴァギナを押し広げながら
入ってくる。
痛みはふわりと快感に変わっていく。

「うぅぅん、気持ちいいよ♡」
Darlingも快感を味わうように閉じてた目を開けて
『気持ちいいよぉ♡』

Darlingの突き上げが始まって、私が何度か絶頂したあと
耳元で『(精液が)出るよ』と荒い息のなか
Darlingがささやく。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「アヤノ……好きだよ…たまらなくな…ああ…お前を壊したい…」...

  2. 繋がる

    2015/04/13

    「まだまだ出そうよ」でも、私のライフはかなり減少…...

  1. 思い出話15

    2016/01/03

    何かが私のなかで壊れた。与えられる快感だけが、私のすべて。...

  2. 「ああ…ジンさん!ああ…深いのぉ!」 「深いの…好きだ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/19 編集部Pick up!!

  1. 笑い堪えるのに必死だった出来事
  2. 横入りする客を注意しない店員
  3. 他人に我が子を触られたくない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3