• 記事数 121
  • 読者 177
  • 昨日のアクセス数 25

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/20 01:24:51

  • 17
  • 0

一年ほど前の話。


ある日の仕事終わりに、会社の先輩とサシ飲みをした。

10歳上の男性社員。
取締役の右腕的存在。



大体は取締役やほかの従業員交えて食事に行くことが多いから、サシ飲みなんて滅多とない。

帰りを心配してくださって、私の自宅からすぐのお店を選んでくださった。



ドリンクと、数品アテを注文。
ドリンクはすぐにきた。
それぞれジョッキを持ち、



『かんぱーい!』



仕事終わりの一杯は、とても美味しい。
自然と表情がゆるむ。


先輩は、入社時からなにかとお世話になっており、最近疲れた顔ばかり見せていたので、気晴らしと悩み相談を兼ねて今日の宴をもうけてくださった。



取り留めのない話からはじまり、仕事やプライベートの話をした。



このころにはすでに、会社を辞めたい気持ちがあった。
しかし、先輩そして取締役に入社時からお世話になっている身としては、仕事しんどいからやめたいなんて本音が言えない。

だから、本来の予定にない、妄想を語り出した。




『彼氏とは順調?』

『そうですねー♪
あ、実は、彼から、一緒に住まないかって言われていて、、、
彼の意向は、私に仕事辞めて、こっちにきて欲しいって、、、』

『そうなん?!
えー、、、そうか。
でも、同棲ってことは結婚も考えてるってこと?』

『結婚は、、、当分はいいって言ってたので。それは先の話でしょうが、もしかしたら、仕事辞めるかもしれないです』

『そうか。。吉木に辞められるのは会社的に痛いけど、仕事ばっかり優先するのは、吉木の人生にはならないからなぁ。。。
しっかり考えて、ついて行くならちゃんと言えよ?応援するから!』

『ありがとうございます!』

『実は俺も、すぐじゃないけど今お付き合いしてる女性と結婚しようと思ってて、、、』

『わー!そうなのですか?!おめでとうございます!!!』




同棲なんて真っ赤な嘘。
辞めたいけれど、社内の人に笑顔で送り出してもらいたい一心でついた、はじめの嘘。

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 118

    2015/02/04

    面接を受けた会社は、ソニプラのようなお店に商品をおろしている...

    いちご

    • 31
    • 0
  2. 正社員で今年入社して15年目。ただ、男性メインの職場で全体...

  1. じつは、超多忙な部署から異動できることになりました。人事部...

  2. 新卒で就職した会社を退職し某メーカーの事務の仕事に就いた...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. 近所の人から出産祝いねだられた
  2. 子が「離婚しないで」と言う理由
  3. 彼の部屋で巻き髪ウォーター発見

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3