ブログランキング14

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1031
  • 読者 1181
  • 昨日のアクセス数 21477

948 初めての猛禽

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/19 22:41:07

  • 139
  • 2

お祝い事の食卓は賑やかだ。
ただでさえ大人数、ワイワイ、ガヤガヤ、でも不思議、誰がなにを言ってるのかはわかる。
テーブル越しに声が飛び交う。
普段は遅いからこの賑やかさは週末だけでも、それでも慣れたかな。当たり前になってる。

食事が済んで片付けをしてる時、男たちはそこそこまだ呑んで居て、新居の話し、出来上がったらああだ、こうだで盛り上がっていた。

そこへ、猛禽のところをめがけて、なにかが飛んできた。
床にガン!と、音を立てて落ちたのは猛禽の‥‥‥‥‥携帯。

シーンと静まり返ってしまった空気を破ったのはコタ。泣いた。

『晴美ちゃん、いったい‥‥‥‥‥』

そう言いながらコタに近づこうとする猛禽に晴美が怒鳴った。

『大嘘付き!触るな!』

『晴美ちゃん、ちゃんと話そう。ね、ふたりで。
ほら、みんな驚いてる。
どうしたの、なにがあったの?
コタ、びっくりしてる、抱いてあげないと、ね。』

あくまでも穏やかに、静かに話す猛禽。
対照的に、型で息をして唇を噛みしめている晴美。

『すみません。ふたりだけになりたいので、ここ閉めますね。』

使ってる部屋の引き戸を閉めようとしたら

『予約って、なによ。ひとりだけじゃないか。
それもこの一週間ずっと。
ひとりだけじゃない。
それで?今日はどこへ行ってきたのよ。
明日も待ってます、って、明日は日曜じゃない。
どこへ行くのよ、ふたりで。ユウコと。』

ああ、そういう事か。

『晴美ちゃん、この子はね、病気なんだ。
詳しい事は言えないけど、病気なの。
いつも夢を見ている病気なんだよ。

それでね、その夢を否定すると、心がバランスをなくしちゃうんだ。
穏やかに生きて欲しいから話しを聴く。夢を聴いてあげる。
そうやって真剣に接してあげると、笑える子になる。
患者なんだよ。わかってくれるよね。』

晴美は相変わらず猛禽を睨みつけてる。
ポトンと、落ちた。

『晴美ちゃん。』

『やだよ。私、やだからね。そんな充くんは嫌いだから。
そんな女、いくら病気だからって、毎日毎日毎日毎日‥‥‥‥‥‥‥会ってるなんて、やだから。』

『晴美ちゃん。』

猛禽も晴美の前では、形無しだ。眉毛が下がって困ってる。
初めて見る猛禽の顔。

ヤキモチを妬く晴美の気持ちもわかる。猛禽が仕事だというのもわかる。
自分の事でなければ、冷静に見ていられる。
でも、どうしよう、このままここに居ていいのか、悪いのか。

『ハルちゃん、池添さん、私たちの部屋で話したら?
コタくんは私が見てる。ね、ちゃんと話さないと。』

母がそう言ってコタを抱き上げた。

『そうそう、そうしなさい。
他のみんなは自分の部屋に行きなさい。』

義母が母を押すように部屋に入って行った。
猛禽が後ろ姿に頭を下げると、晴美の手を、少し強引に引っ張って、母の部屋に入って行った。
私も自分の部屋に、撤収?だよね。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5633158・11/20

    コニーさん
    仕事だからね。

    それでも嫁の立場としたら、慣れないといけないんだろうけど。
    なかなかね、辛いよね。
    晴美の性格もあるし、猛禽もずっと晴美に添っていたし、うん、産後うつ、ありそうだね。

    猛禽は大丈夫だと思うよ。きっと晴美を納得させてくれると思ってる。

  2. コニーさん(99歳)ID:5631884・11/19

    しのぶさん

    晴美ちゃん、産後うつじゃない?
    大丈夫?
    猛禽も、自分の嫁となると
    些か、難しいのかな?

関連するブログ記事

  1. 毎日楽しく、みんなと仲良く過ごして、毎日が充実し...

  2. 山道の脇に生える草花は木々の緑に優しい色合いの彩りを添え...

  1. 乙女

    2014/06/04

    エミー最近は、なぜか髪の毛を結びたがる。ヘアゴムを私に手...

  2. いくら、夢があるからと言って飛行機に乗らないと我が子に会え...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 東京の水が不味くて飲めない
  2. 博多の暴走事故は殺人だと思う
  3. 働いているのに生活保護受給

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3