エリさんのブログ

  • 記事数 44
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 47

みえない鎖

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/20 00:33:25

  • 0
  • 0

商店街を目的もなく歩く…
すれ違う人たちは白い目で見る…

お腹すいた…でも…帰りたくない…

これから何日こうして彷徨ってるんだろ?

路地にはいり座り込む…涙が出てくる…携帯を出す…

お母さん…いやあの人には頼れない…
お父さん?あの人は…わたしのなかで父として見れない…頼れる人でもない…


家に帰れば色鬼とも酒鬼とも言える人がいる…

帰れば速攻で組み倒されるか血なまこなって探してるかどっちかだろう…

ふわり揚げ物の匂いと…足音がする
顔あげると商店街の顔馴染みなった肉屋さんのおかみさんだった。

「勝手口に誰かいると思えば…」笑顔で声かけてくれたが私が振り向いて固まった。
肩のところが破れ、ボタンが弾かれない半袖の服に泥だらけのコートを羽織って震え泣いている私を見て固まった。

「どうしたの?」
「…」言おうにも声かけられたのがホッとしたのか泣いてしまった。

おかみさんは同郷の人でおばあちゃんの出身校のクラスメイトだったことがわかってすごく仲良くしてもらっていた。

ふと祖母に会いたくなった。
「おかみさん…ここのメンチカツ一つください…お代これで…表いるとみんなに白い目で見られるだろうし…」
泣きながら言うとおかみさんは頷いて中に入った。


少しして熱々のメンチカツカツと暖かい缶のお茶渡された。

「トラブルでも巻き込まれたの?」
「一緒に住んどるひと…に」
「乱暴されたの?!」あらあらと苦笑い…
メンチカツを頬張り泣くのを熱々だからとばかりごまかしながら涙を手で拭いた。

ポロポロとまだ止まらない。

「そのハンカチどうしたの?」
「え?」
「血が滲んで付いてる…足巻かれてるやつ…」
「あ、図書館で休んでたんだけど怪我してるの気がついてなくて…そこで親切な人いて止血してくれたんです…」

「乱暴は怖いね…逃げてきたんだね?
そのハンカチうちの孫のだよ。ほらうちの店の名前印刷されてるんだ。」言われた布の端を見ると坂城精肉と書かれていた。

「あほんとだ…」
「私の孫はね斜め向かいの唐津さんがお父さんだよ。」とにこりと笑った。

「そうなんですね」
とりあえず…怪我、それ深そうね…傷残ると大変だし病院行きなさい…!と言って数千円握らされた。
「え…お金大丈夫ですよ」
「カバン一つも持たず見ての通り財布も持ってなさそうじゃない!取りに帰ってまた怪我したらどうするの!!働く先ないならお金はうちで働いたりなんとかできる!後からでいいから早く行きなさい。」と言われ勢い任せにも強制でタクシー乗せられその分の支払いをおばちゃんが前払いで出してくれた。

病院着くなり、ポロシャツの制服身にまとったさっきの唐津さんが入り口にいた。

「ばあちゃんからきいたよ。とりあえず受診したら売店前のラウンジ来れる?
頃合見て待ってるから。」

と診察券番号と名刺渡された。
名刺にソーシャルワーカー 唐津優と書かれてた。

案内されて待合室前で一旦別れ、ベンチに座る。眠くなってきて寝たのか思ってた。

目がさめるとベットの上…
足は包帯ぐるぐる巻き、体はあちこち消毒され、ガーゼ貼られてたり、服は入院の服着せられと完全に入院患者の姿…

ナースコール押すと看護師が来た。
「起きたね、大丈夫?」
「はい…」
「とりあえず診察して入院となるかもなので説明するのと診察券だせる?あと…どうしてあんな風に傷だらけなってたの?救急車呼ばなかったの?」

「…救急車に頼らなかったんです…いいずらいけど訳ありで…呼べなくて… 傷の原因は同居してる人の乱暴でついたのと夜外で彷徨ってるとき痛みで足に力入んなくて階段とかこけて…」

「そう、まさかだけど彼、救命関連の仕事してるの?」と言われ頷いた。

「病院なかなか来なかったのはそのせい?でもよく来たね…」
「ソーシャルワーカーの唐津さんの親族と仲良くて…会ったら病院に行けって無理やりタクシー乗せられ来たんです…」俯くとそっかとナースさん相槌うって問診票とペン渡され、書いたらナースコールで呼んでねと言われた。


問診票書いてナースさんに回収してもらうと入れ違いに唐津さんが来た。

「入院なったんだね、と言うより俺からは長期入院してほしいって責任者に伝えた」

「え?」
「看護師さんにきいたよ。だから少し力なるからね、困ったら相談してね。あと色々聞きたいことあるんだ。」
と家庭事情など聞かれた…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 皆様

    2015/11/30

    いつも、見たよ、共鳴、読者登録有り難うございます_(..)...

  2. 私は、実技試験中に倒れて救急病院に運ばれた。病院のベッドで...

  1. 「気がついたんですね…。よかったぁ~ここがどこか分かります...

  2. 事故…②

    2015/05/12

    事務員さんが、呼吸を整えてから話し出した。『お…大空さん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 不妊症で子が産めないダメな娘
  2. 生後6ヶ月 乾燥肌改善できず心配
  3. 浮気疑惑と夫の発言で虚しくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3