一生忘れることの出来ない恋

たくさんの人に応援していただいたミユとHIROの恋。ゆっくり更新していきます。

  • 記事数 351
  • 読者 1353
  • 昨日のアクセス数 1108

2016/11/20 18:03:33

  • 215
  • 0

HIROに誘われて
初めて発表会に出たことを思い出した。
あのときは何も考えないで出たな。

そっか、そうだった。
HIROに相談して良かった。
……出てみようかな。


『……ありがと、HIRO。』

『どういたしまして。』


HIROが煙草の火を消しながら言った。



HIROは冷静に的確に物事を捉えて
話してくれる。
HIROに何かを投げ掛けると
凄く分かりやすく返してくれて
頭でっかちになっている私は
すっと頭が軽くなって物凄く安心するんだ。
変わらないな。


HIROが道標をしてくれる。


向かいに座るHIROを見上げる。
HIROが何?という、顔で見つめ返した。


『……なんでもない。』

『なんじゃそりゃ笑。』

HIROが大好きな笑顔で笑う。

こういうやり取りも昔と変わらない。
昔の自分に引戻される。


胸がドキドキしすぎて、きゅっと締め付けられる。
心臓が痛い。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ドキドキと心臓がうるさく鳴っている。どうしよう…嬉しく...

  2. 開店。

    2016/02/13

    部屋のドアにへばりついたまま…どれくらいの時間が経ったんや...

  1. ヨシキ「どうしたんだよ……こんなに痩せて……」あ……や...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/23 編集部Pick up!!

  1. 料理苦手な主婦の手抜き料理TOP3
  2. モラハラ受ける人に素朴な疑問
  3. トミカ好きな3歳息子の知識量

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3