ブログランキング9

Fictions

卒業後の千晴と藤田先生編

  • 記事数 348
  • 読者 1950
  • 昨日のアクセス数 35755

139 先生 27

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/19 19:12:25

  • 177
  • 0

白くて滑らかな背中に舌を這わせながら、切なく湧き上がる感情は、遥か昔に経験した覚えがある。

まだ未熟な少女の中はかろうじて俺を迎え入れたが、狭くてぎゅうぎゅうだった。食い千切られそうなそこは、彼女の緊張もあるのだろう。

自分から誘った手前もあるのか、余裕のあるふりしてるけど、ガチガチに緊張してるのはわかる。


寂しがり屋で、淫乱で、俺を振りまわす迷惑な奴だが、突かれて甘く震えてる姿には胸が締め付けられ、壊れ物を扱う様に後ろから抱き締める。


白川は肩を震わせ、俺の動きに翻弄されながら、切なげに喘ぐ。


「村上…先生、好き…っ、ああっ…」


前まで、聞き流していた言葉が胸に響いた。


―――そうか…

俺は、こいつを……



「…うん、好きだよ…白川」



どうせ、白川も情事の間の戯言と思うだろう。

そう思いながらも、愛の言葉は甘く切なく俺の興奮を掻き立て、目の前の白川への愛しさを自覚する。

妄想で散々つけたキスマークは、現実では只のキスに変わり、愛しい背中を濡らしながら往復した。


性の昂りは勢いを増し、白川の奥を責め続ける。
布団をぎゅうっと握り締める彼女の姿に、顔を見て抱きたいと望む俺がいた。


白川の身体を仰向けにさせたら、さっきまで味わっていた快感を表情に残しながらも、不思議そうに俺を見る。


見つめられると、胸のあたりがぎゅっと苦しい。
教え子とのセックスで、感情まで17歳に還ったのかと苦笑しながら、しなやかな腰を抱き寄せて一つになった。

目の前で、淫らに喘ぐ姿を見ていると、後ろめたさと幸せが心を包む。彼女の頬にキスをし、そのまま胸まで下りた。


「っ……浩輔、さん…」


白川はとろんと蕩けた瞳で俺の名前を呼んだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    まいこ

    記事数 306 / 読者数 1055

  2. 2

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 461 / 読者数 2321

  1. 3

    MyhoneyCin...

    21時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16878 / 読者数 3957

  2. 4

関連するブログ記事

  1. さっきまで子どものように泣きじゃくって嫌がっていた奈央...

    貴方中毒

    • 212
    • 4
  • このページのトップへ

    GIRL’S TALKにログインする

    Ameba新規登録(無料)はこちら

    2/23 編集部Pick up!!

    1. 電車にベビーカー乗車した時の話
    2. 身近にいる意識高い系女子が痛い
    3. 急性胃炎の妻にワガママを言う夫

    人気ブログ記事ランキング

    1. 1

    2. 2

    3. 3