ブログランキング79

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1426
  • 読者 2219
  • 昨日のアクセス数 3369

小説)女心と空模様158

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/19 19:01:20

  • 109
  • 0

お湯とは違う感触。

やだ…もうこんなに…

ヌルリとした液体が指に絡みつく。手前の突起を撫でると、腰が小さく跳ねた。

「ん…ん…」
唇を噛みしめていないと、声が不意に出てしまいそうだ。静かなバスルームには自分の息づかいと時折揺れる水面の音だけが聞こえる。

あ…はぁ…も…イク!

絶頂を迎えて、大きく息を吐いた。

バタン…

扉が閉まる音が聞こえた。

え?

すりガラスには何もうつっていない。

気のせい?

長く湯船にいたせいか、のぼせているのは確かだった。

聞き間違いかな?

私はお風呂を出て、洗面所で体を拭いた。リビングに戻るとそこに彼の姿はなかった。ベットルームを見ると、彼が横になっていた。部屋の明かりを消して、ベットの中に入る。

「お風呂…長かったね…」
「あ…うん……ゆっくり温まりたかったから…」
「そう…」
背中で聞こえる声。
「おやすみ…」
返事はなかった。

あれ…寝ちゃったのかな…

布団が大きく動いた。背中に感じる彼の温もり。
「こうやって…寝てもいい?」
耳元で聞こえるハスキーな声。
「……うん」
彼の手が私の腹部を引き寄せるように抱いた。

…やだ……

ちょうど臀部と足の間に感じる固いもの。薄手のパジャマを着ているから、まるで直にソコに当てられているように錯覚する。
「おやすみ……」
「…………おやすみ…」
目を閉じる。視界が暗くなると、より感覚が研ぎ澄まされ、ソレを強く感じる。

やだ……こんなの…

深呼吸をして、冷静になろうとする。
「眠れない?」
耳元で聞こえた声。彼の吐く息が、首筋を伝って私の胸の中に入ってくるようだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. お風呂。

    2014/05/29

    お風呂にはどうしても入りたかった。もうお互い裸だし、...

  2. 明け方目が覚め部屋の鏡を見ると酷い顔をしていた。外...

  1. 「なんか…恥ずかしいな…」 「そうか?温泉に一緒に入...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 妻が作った弁当捨て続けていた夫
  2. 6歳児にサプリメントを飲ませる
  3. 彼が入院 見舞い行くか悩む理由

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3