ブログランキング24

ユキさんのブログ

エンディング♪世界が終わるまでは〜♪のとこをYSB登場選手に置き換えると萌えてしまう

  • 記事数 786
  • 読者 2097
  • 昨日のアクセス数 15791

監督 かなのオーダー表

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/20 16:05:58

  • 293
  • 26

「オサム!手で行くなよ!」
「はい!」

午前中は近くのグラウンドで軽く練習
第4試合だと時間を持て余すから
ダラけないようにキビキビと…

「でもかなさん
 第4試合の時は昼寝してましたよ」
「起きたあと不機嫌極まりなかった」
「監督、オーダーは
 一回戦と同じでいいですか?」
「相手のデータが無いんだよな〜
 最近めっきり弱かったから」
「昔は強かったんですか?」

「晃!スタート遅い!」
「はい!」

「昌也、かなの彼氏知ってたっけ?」
「はい、大道高…」
「そこは言うな」
「すみません」
「その彼氏の出身高」
「へぇ〜そうなんすか?」
「俺らの頃は強かったんだけどな」

一回戦を見た限りでは
そうでもなかった
運よくポッと出てきた感じ
打線も投手も目立ったものは無く
全体的にバランスがいい
地味に勝ち上がってきた感じ

「さすが出身校、大貴っぽい」

「へ?」
「何でもない、昌也ラスト」


「ラストーー!
 バックホーーム!」

午前中の練習が終わって
ホテルに戻って昼食
嫌いな物を押し付ける上級生も
好きな物を奪い取る上級生もいなくなったこのチームは

穏やか

「平和だ」
「ほんと」
「ま、強いて言うならゴン太郎か」

「お…俺…先発だし
 お腹痛くなったら…こ困るしさ…」
「ならない、このくらい飲め」
「かなちゃんにチクろ」
牛乳が嫌いな権兵衛は
かなに好き嫌いするなってよく言われて
あんだけ好き嫌いするくせに
部員にはそれをさせなかった

「権兵衛、夜飲め
 腹痛くなったら困る」

「イエーーイ」

甘いか
でも本当に困るしさ

かなならどうしただろう

3年生の抜けた初めての遠征は
それを考えてばかりで
かながどれだけスムーズに時間配分をしていたかも
それを後藤がちゃんとフォローしてたのもよくわかった


それからそのままミーティング

「相手は日理大附属
 データがほぼない
 だから全員とりあえず…」
「とりあえず?」

「頑張れ」

「は?」

ミーティングが終わると
「昼寝しよ~」
「かなちゃんに電話して
 子守歌うたってもらお~」
それぞれ部屋に戻って行った

「太田、15時出発」
「はい」
「あと先発オーダーこっちに変更な」
「はい…ん?これですか?」
「かな大魔神様のオーダー」
「え!」
「そんな喜ぶ?」

太田は小さな紙を嬉しそうに見た

「昼寝しとけよ」
「はい」

オーダー用紙だけで太田はフル充電完了


「栗原さん見に来ないんですか?」
「さぁ、来ないんじゃない?遠いし」
「寂しいから連れてきてって
 旦那さんに頼んだらいいじゃないですか」
「寂しくねぇし」
「はいはい
 あ、そうだ
 夕飯の時間変更しときました」
そうだった四試合目だった
「き、気が利くように
 なったじゃないか…」
「コーヒー行きましょ」
「お、おう」


山下が引退する時に言った

『最初からかながいるから
 かなに依存してる』

3年生だけじゃなくて
2年生も1年生もそうだ
入部した時からかながいて当たり前で
心は依存してる

それに慣れようと
気付かないふりをしているのかもしれない


三年生の抜けた穴は
やっぱり大きかった


困ったね~




「全員いるか~」
「いまーす!」
「ゴンは?」
「泣いてます
 かなちゃんが電話に出ないって」
「なんで?」
「パワー注入したかったらしいっす」
「かなが出ないのはいつものことだろ」
「先発、使い物になりません」
「捨てていけ」
「行くぞ!」

「待ってくれーー」


バスに乗り込むと
権兵衛は泣きながら隣に座ってきた

「監督…」
「あっち行け、鬱陶しい」
「だって…かなちゃん何してんの…」
「ったくしゃーねぇな、ほら」
「監督ーー!」
「違ーーう!ひっつくな!」

差し出した携帯を見た権兵衛は

「うおーーーー!
 なんじゃこりゃーーー!」

「声がでかい!
 お前しか知らないんだからな!」

まじまじと
泣きながら見つめて

「たーくん…」
「そっちか」

「めっちゃ可愛いじゃん…」
「充電できた?」
「出来た…」
「しっかり投げろよ」
「はい…あぁぁ!」
「何だようっせぇな」

「監督あれ書いてよ」

右手の手の平を向ける権兵衛

「左じゃなくて?」
「左は…
 涼太さんに書いてもらう専用」
「はいはい」

油性ペンで流れ星を書いた

「デカ…」
「太字しかない」
権兵衛は涼太やかなと同じように
食べる真似をして見せた

「しぶーーー」
「はあ?
 お前それ打たれたら
 電流ながれるからな」

権兵衛はまた携帯の写真を
少し寂しそうに笑って眺めた



球場に着いた時には
ちょうど5回が始まろうとしてる頃で
「太田、オーダー交換行くぞ」
「はい」
球場の事務所に向かった

「お、嶺先生!」
「久保先生、お世話になります」
「今日はさや見に来るって言ってたよ
 かなちゃん来ないの?」
「遠いし来ないと思います」
「来たらいいのにね~
 じゃあ言付け頼んでいい?」
「はい」

「おめでとうございます」

久保先生がカバンから出したのは
間違いなく結婚祝いで

「え~っと…」
「さやがバラした」
「は?…お預かりします…」

オーダー表を提出して先攻後攻を決めて
太田は先に戻ってアップ
しばらく久保先生と練習試合しましょうって話したりして
前試合が8回の裏になって
事務所を出て選手のとこに戻った

アップは終わってて
いつも通りの笑い声で
いや、いつもより少しテンション上がり気味で


「あ!来た!」


俺の前に道を作るみたいに
選手がサッとよけた


「は?」


なんで


「監督ーー!」


だからそれは
時と場所を考えないと


「かな…」



みんな見てるだろ



「会いたかったよ!」


そんなの

俺もだ


かなの匂いがする


そっか

一番依存してるのは俺だな

かなのこと
探してばっかりだ


かながいない遠征は


寂しい

同じテーマの記事

コメント26

しおりをはさむ

  1. ユキさん(32歳)ID:5636306・11/20

    アネモーネさん
    ハグ!かなちゃんの得意技感動の再会(*≧∇≦*)
    試合会場で笑

  2. アネモーネさん(99歳)ID:5636303・11/20

    ここはハグしてるの?
    私も、かなちゃんのいい匂い嗅ぎたい♡
    監督、嬉しすぎたね(≧ω≦。)プププ

  3. ユキさん(32歳)ID:5635657・11/20

    レーナさん
    ずーっと何してもかなちゃんが頭の中で笑うんだろうね( *^艸^)
    監督こそヤバい笑

    監督かなちゃんのオーダー使うんだね〜
    やっぱ野球でも私生活でも絶対的な大魔神♡笑

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 出産予定日を過ぎてプレッシャー
  2. 子が元夫そっくりでトラウマ甦る
  3. 会社をズル休み 妻子利用する夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3