ブログランキング46

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3561
  • 読者 740
  • 昨日のアクセス数 7994

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/20 21:32:05

  • 83
  • 7

11月16日 昼7

二階堂紅美


『紅美ちゃん、あれはないよ…ノン君、誤解したよ?』

沙都はオフだから…って、ロビーであたし達と別れて。

あたしとノン君は、ルームに向かった…けど。

ノン君は。

「俺、先にスタジオ行ってるわ。」

そう言って、ルームの前で立ち止まって。

「んじゃ、後でな。」

手を上げて…歩いて行った。

…あたしと沙都が朝を迎えたルームには、入りたくない…って感じだった。


「だって…ミッキーが誰か分かんないし…そんな知らない男とルームにいたなんて、知られたくないんだもん…」

あたしはコソコソと沙都に電話する。

『でも…僕といたってのも、ノン君傷付くよ』

「……ごめん…あんたの事も傷付けるよね。」

『僕は平気だけどさ…紅美ちゃん、何だか…紅美ちゃんらしくないよ?』

「…あたしらしくないかな…」

『素直に、パーソナリティーの子に妬いて、やけ酒飲んで、気が付いたらこんなことに…って言っちゃえば?』

「………言えない。」

『なんで…』

「………」


以前…ノン君に言われた。

『おまえみたいにフラフラした女、俺には無理だな』って。

あたしは…ずっと海君が好きで。

だけど沙都の事も好きで。

でも結局…ノン君を好きになった。

…その間に、あたしを助けてくれた慎太郎の事も好きになって…

自暴自棄になった時は、誰にでもいいから抱かれたい…なんて事も思ってた。

ノン君は…ずっと、あたしを見てた人だから。

そんな風に、あたしが弱るとフラフラする女だ…って分かってる。

沙都は、あたしがそんな時はそばにいて、沙都自身が慰めてくれるような存在だったけど…

ノン君は違う。

しっかりしろ。って。

あたし自身に、解からせようとする。

だからー…

今回みたいな事…

しかも、あたしはノン君と付き合ってるのに…

あああああああああああ!!

もう!!

なんであたし、ダリアに行かなかったのー!!


学が来たから、沙都とは有耶無耶なまま電話を切って。

あたしはスタジオに向かった。

沙也伽は産休に入ってるから、今日はドラムマシーンでの練習…かと思いきや…

「マシーンだと気分乗らないだろ。」

そこには、すでにスタジオに入ってたノン君と、沙也伽の旦那である希世がいた。

「わー!!ほんとに!?」

一気にテンション上がった!!

希世のおかげで、三時間楽しい練習が出来た。

「は~…燃えた~!!」

学も楽しそうに汗を拭いて笑って。

「今度希世が育休するときは、沙也伽をDEEBEEに貸し出すから。」

ノン君がそう言って。

「あははは。残念ながら、育休なんて要らないぐらい手があるからなー。」

希世が笑う。

ああ…救われた。

ノン君も笑ってる。

安心してギターを片付けて。

ルームに戻ってバッグからスマホを取り出すと…

ミッキー『もしかして…何か怒ってる?』

……ミッキー…。


あんた誰!!

同じテーマの記事

コメント7

しおりをはさむ

  1. クロエさん(41歳)ID:5639384・11/21

    ミッキーも気になるけど、くみちゃんが、ノン君の言ったこと、トラウマになってる?
    それも気になります。

  2. クロエさん(99歳)ID:5636352・11/20

    誰〜!?!?!?
    気になる〜(๑-﹏-๑)

  3. エミリさん(88歳)ID:5636114・11/20

    誰かわからないと寝れないよ…(゚-゚)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 49th 19

    11/19

    11月16日 昼4朝霧沙都「あっ、紅美ちゃん。」...

  2. 本心のなかなか言えない立場の君の甘えは難解すぎてしかも巧...

  1. twentieth ...

    2014/10/18

    「ねえ、もう一人ギター探さない?」春休み。うちでミーテ...

  2. 49th 8

    11/15

    11月15日 夜8二階堂紅美あたしはあたしの恋を…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/22 編集部Pick up!!

  1. 横柄な警察官に鼻で笑われた
  2. 食堂で他の客の注文品食べた結果
  3. 赤ん坊にガチギレしてしまった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3