ブログランキング97

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3368
  • 読者 722
  • 昨日のアクセス数 2824

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/19 22:59:09

  • 79
  • 4

11月16日 昼4

朝霧沙都


「あっ、紅美ちゃん。」

特に用はないんだけど、事務所に来てみると…紅美ちゃんがロビーにいた。

「明日の動物園なんだけど、サクちゃんがノン君誘ってくれてたよ。連絡あった?」

「……」

「…紅美ちゃん?」

僕の問いかけに、紅美ちゃんはガクッと首を落として。

「あたし…行かないかも…」

ひく~い声で…そう言った。

「えっ、なんで?何かあったの?」

「…ちょっと…なんて言っていいのか…」

「…何?」

僕が顔を覗き込むと。

「……沙都~…」

紅美ちゃんは、すごく珍しく…困り果てた表情で、僕に抱き着いて来た。

…紅美ちゃん、いいのかな?

僕に抱き着いて。

僕は…ウェルカムだけどさ。

ノン君が知ったら、妬いちゃうよ?

僕としてはー…まあ、役得だし?

昔みたいに、僕の事…頼りにしてくれてるのかなって思うと嬉しい限りだけどさ…

だけど…

ノン君は、妬いちゃうよ?


「落ち着こう?それから、何があったか…ゆっくり話してみて?」

紅美ちゃんの肩に手をかけてそう言うと。

「…あたし、バカだ…」

紅美ちゃんは、額に手を当てて…頭を振りながら答えた。

「…紅美ちゃんがバカなら、僕は…」

「頭脳的な事じゃなくて。」

「あ、そ…」

「…あたし…夕べ…」

「うん…」

それから僕は…

紅美ちゃんから、夕べの話を聞いた。

一人で帰ってる最中に、ダリアの前でノン君と女の子が飲んでる姿を目撃してしまった事。

そして…それで少し自棄になって、ルームに戻って飲んだ事。

そのまま、ルームで朝を迎えてしまった事。

で、起きたらご両親からたくさん着信があった事。

そして、ノン君からLINEもあった…と。


だけど。

他の人からもLINEが来てて。

「…見て。」

紅美ちゃんがスマホを僕に渡した。

「…見ていいの?」

「うん…」

「……」

僕は紅美ちゃんからスマホを受け取る。

あらかじめ開かれてたLINEの…

「…え?」

『夕べはありがとう。夢みたいな時間だった。テクニックも…凄いね(笑)紅美ちゃんのおかげで、色んなコンプレックスから解放された気がする。また会ってくれるかな…?』

「……」

紅美ちゃんを見ると。

「…何も覚えてない…」

うなだれたまま。

「…テクニックって…」

「…起きた時は、服着てた。」

「……」

そう言えば…紅美ちゃんは、酔っ払ってノン君とも寝たって前科がある。

「…それより…」

「……」

「この…『ミッキー』って誰…?」

「…知らない。」

「……」

な…何やってんだよー!!

紅美ちゃん!!

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(101歳)ID:5634213・11/20

    ソフィーさん
    ですよね〜。
    でも、これはこれで、ノン君に恋してるからこそ吹いた臆病風のせいで…
    今後二人はどうなっていくのでしょう‼︎

  2. ヒカリさん(101歳)ID:5634211・11/20

    カリンさん
    くみちゃんのテクニックとは⁉︎
    果たして何なのかー‼︎
    (お話の中の)大晦日までに、解決されるのでしょうか〜⁉︎

  3. ソフィーさん(70歳)ID:5633165・11/20

    あれ?お~いはくみちゃんの方でしたね😓。

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 49th 22

    11/20

    11月16日 昼7二階堂紅美『紅美ちゃん、あれはな...

  2. 45th 84

    06/10

    「おかえり。」「あれっ…海君、まだ起きてたの?」僕が...

  1. 46th 47

    07/22

    「じゃ、そろそろ…サクちゃん、あっちに。」僕がそう言うと...

  2. 49th 8

    11/15

    11月15日 夜8二階堂紅美あたしはあたしの恋を…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 結婚記念日直前に夫の浮気が発覚
  2. 実母「幸せな娘が許せない」
  3. 夫が無痛分娩をよく思っていない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3