ブログランキング14

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1026
  • 読者 1180
  • 昨日のアクセス数 22932

944 冬手前の夜長

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/18 23:57:48

  • 161
  • 2

『おい、起きろ。風邪引くぞ。』

肩のあたりをトントンされて目を開けたら、
ここは?うん?
事務所。
わっ、まずい。

急いでデスクで確認。
はあ、まだ30分過ぎてない、よかった。

3本送って、終了。

『なんだ?』

『うん、約束の物が入ることになってて、返信がいるんだけど、待ってるうちに寝ちゃった。
ちょっとぶったるんでる、ここんとこ。

洋平は?終わったの?』

『ああ、今日くらい早く帰らないと〆られそうな気がする。
もういいのか。』

『あとひとつ、まだきてない。』

『なあ』

洋平が私の肩を揉み揉みしながら言う。

『無理してないか?』

『別に。』

『俺に付き合わせてるのもあるし。』

『でもその間に仕事できるし、気にしないでよ。
仕事があるのってありがたいよ。
やる事なくてぼーっとしてるよりずっといい。

ほらきた。これ返したら終わり。
明日土曜だから、今日送っとかないとね。
あっちでもまだ仕事してる人がいるわけよ。
私だけじゃないわ。』

毎週末こんな感じ。だから特別だとは思っていない。

『よし、帰るか。』

家ではばあちゃんたちが、気を使って食事を用意してくれていた。温野菜がたっぷりだ。
そして終わったら、早く風呂に入って寝ろと。

追い立てられるように二階に上がって、それからゆっくりお湯に浸かった。
う〜ん、これ、極楽?

それでも風呂上がりに髪を乾かしながらみた、鏡に写った顔は、ちょっと萎びてるかな。
洋平が買ってきたクリームを多めに塗り込んだ。特に効果があるとは思えないけれども、気休め。

猛禽からはなんだかな、亜鉛とマルチビタミンをもらった。
飲んだと言う気持ちが大事なんですよ、だそうだ。
そんなものに頼るようになるなんて、本当にガタがきてるのかな。
たかが熱が出たくらい、そんな意識しかなかったけれど、考えないといけないのかな。

寝てしまおうと思ったけれど、事務所で少しばかり寝たせいか眠気がこない。
あっちこっちとゴロゴロしていたら、洋平も上がってきた。

『まだ寝てないだろ。これ、瞳子から。お見舞いだってさ。』

そう言ってアイスをくれた。ガリガリのソーダ味。

『なんで瞳子が持ってきてくれないわけ。』

『ふたりで食え、だと、ほら、俺も。』

無言でガリガリ。

『休みの予定は?』

『明日、健人のとこ、地鎮祭だぞ。』

ああ、そうだった。
いよいよか。

『年内には屋根まで上げることになってるからな。ギリギリだわ。』

『晴れるといいね。』

また無言、ガリガリ。

『しのぶ』

『うん。』

『体、壊すなよ。』

『洋平もね。』

冬手前の夜長、少しだけ歳を感じた夜なのです。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5627914・11/19

    ホノカさん
    遅くなりました。

    ゆっくりし過ぎてます。

    今日は降ったり止んだり、寒い日でした。
    でもそんな日が良く眠れるんでしょうかね。
    食っちゃ寝、そのまんまでした。

  2. マエ♪さん(42歳)ID:5625829・11/19

    おはようございます。

    お天気どうです?
    こちらは雨です。

    寒かったり、暑かったりで体調を崩しやすいですから、サプリメント飲んで予防するって事もありますよ。

    私も飲んでますしね(笑)
    サボり気味でw

    今日はゆっくりできますかね?

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 子が元夫そっくりでトラウマ甦る
  2. 会社をズル休み 妻子利用する夫
  3. 子叱る際「ママのせい」にする夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3