ブログランキング19

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1362
  • 読者 2166
  • 昨日のアクセス数 16905

小説)女心と空模様155

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/18 23:43:41

  • 135
  • 1

彼の家に着いて、二人で母のくれたおかずをメインに、夕飯を食べた。会話は私の父と母の話。父との会話の内容。

「優しそうだよね!」
「お母さんの料理美味しかった!」

彼の笑顔はどこかぎこちなく、私は後悔した。

言わない方が良かった……

母の言葉に背中を押され、話したはずなのに、彼の顔を見ていると、なぜか罪悪感に胸がいっぱいになる。彼と一緒にいることが、とてもつらい。

「ねぇ、優真…」
「ん?」
夕飯を食べ終わり、キッチンで片づけをする。彼はソファのいつもの位置に座っている。
「今日は……家に帰ろうかな…」
彼がキッチンにやって来た。
「どうして?」
チラリと見た彼の顔は少し怒っているように見えた。
「…いや…あの着替えを取りに行こうと思って…」
お皿を洗う私の手を彼が掴んだ。
「それなら、一緒に行くよ」
「……でも」
「そんなに俺と居たくない?」
掴まれた腕が痛い。
「優真…手…痛い……」
「俺と居たくないのか?」
彼の真剣な目が胸に刺さる。掴まれた腕がふっと軽くなった。
「……悪い…」
彼はソファに戻っていった。私は洗い物を終わらせた。

私はソファに座ることなく、帰り支度を始める。とにかく早く一人になりたかった。
「送ってくよ」
「……一人で帰れるから…」
「いい、送る」
なかば強引に彼の車に乗せられた。

車は私の自宅とは違う道を走っていく。
「……子供のこと……別に気にしてないから」
「……うん」
そう言う彼の口調は少し怒っているように感じた。
「子供は欲しいよ……でも…うん…ちょっと俺も焦ってたのかもな…」
「焦るって……」
固かった彼の表情が少し笑ったように見えた。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. コトネさん(99歳)ID:5625825・11/19

    どこに向かって走るんだろう…

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. パーティ不参加でゲキ切れされる
  2. 子の発達障害を疑われショック
  3. 氷抜きドリンク注文は貧乏臭いか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3