ブログランキング10

Hypnotic

  • 記事数 179
  • 読者 1177
  • 昨日のアクセス数 25162

138 先生 26

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/18 23:32:36

  • 149
  • 0

「待ちなさい。シャワー浴びさせて」

一日過ごした状態で、あまり近づかれたくはない…
小心者の俺は白川を浴室に引き入れ、一緒にシャワーを浴びた。

もじもじと内ももを寄せている白川のそこに、無遠慮に手を入れて洗い出すと、すぐに甘い声が浴室に響き始めた。


「ん、んん、あん…」

敏感だな。
白川を見ていると、抱きしめたくなるような衝動がこみ上げる。

「洗ってるだけなんだけどな。流しても流しても濡れてくる。きりがない…」

「あ、ああん…んぁ」

いつしか、白川の片足を担ぎ、彼女はバランスを崩さないように俺に抱きついている。

俺の指は、潤んで滴り落ちる淫らな場所を忙しなく出入りした。
濡れやすいのか、興奮してるのか、びしょびしょだ。


「い、いっちゃうかも、先生、だめ……んんぅ!!」

白川は突っ張るような仕草を見せ、くたっと俺に寄りかかってきた。

「もうイッたのか?経験少ないなんて嘘だろう」

「………」

俺の声が聞こえているのかどうなのか、白川はずるずると力なく床に座り込んだ。




身体を拭いた後は寝室として使っている和室に誘う。
帰らせる時間を気にしながら、押入れから布団を下ろし、白川を横たわらせた。

箪笥の引き出しから、予め用意していたスキンを、不思議な心持を抱きながら男根に装着する。


若い女に早く入りたがっている男の本能の一方で、教師としての自責の念、抵抗感は取り除けない。
それは最後まで、小さな棘が刺さったような痛みで、心に残っていた。


「白川。膝をついて、俺に尻を突き出してくれる?」



まともに向かい合って顔を見て挿入できる気がしなかった。しかし、身体は興奮でそそり立っている。


白川は、素直に俺に尻を向けた。
高く高く突き出し、俺の眼前には白川の秘部が全て露わになっていた。

とろりと蜜を湛えるそこに、指を挿れる。


「糸引いてる…」


白川は、黙って尻を突き出したまま、辱めに耐えている。


――いっそひと思いに……。



「挿れるよ。」




痛いほど硬く、興奮しきっているそれを、教え子のそこへ押し当てた。
先端がぬるぬると滑り、ゾクゾクと淫靡な快楽に震えながら白川に押し入り中へ進む。


きついな。
まだ、ほとんど処女と変わらないのか…


「ああっ…大っき…っ……裂けちゃう」


無意識なのか、俺の侵入から逃れようと尻を振る。
そんな白川を後ろから抱き締め、一気に貫いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 86

    10/23

    「待ちなさい。シャワー浴びさせて」先生は浴室に私を引き入...

    Hypnotic

    • 169
    • 0
  2. 愛里咲の頭の上で、クチュクチュと水音がした。「きゃうンッ、...

  1. シャワーで全身を流しマン●だけに集中させていく脚は淫...

  2. 354

    06/09

    シゲは私の前に回って2本の指で中を刺激しながら、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 過疎化が激しい地域で悩む子育て
  2. 彼「お前は浮気されるだけの女」
  3. アレルギー食品除去で「くる病」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3