ルチアのひとり言

自分を見つめ直す為に書いてます

  • 記事数 44
  • 読者 5
  • 昨日のアクセス数 15

2016/11/18 20:17:57

  • 1
  • 0

私の父は
私が保育園児の時に病気で亡くなった

だから
父の記憶はあまり無いけれど
私の爪を切ってくれた父
絵本を読んでくれた父

記憶の中の父は
いつも笑っていた

私は父が大好きだった

父が亡くなってから
母に叱られたり
嫌なことがあると

「おとうさん、助けて」
「おとうさんは、
なんで私を残して死んじゃったの⁉︎」

父に助けを求めながらも
無意識に
死んでしまった父を責めていた

ということを
最近
思い出した

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私と夫の説得の末母は 渋々 喪主をする決心をした「 毒...

  2. 父は、私と母にもう少しこの国に滞在する予定だと言った。「ず...

  1. 05/15

    2週間昏睡状態が続いた。その間、母と私は交代で病院に泊ま...

  2. 私は父を見送った明日、どうしても出席しないといけないと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3