小説と愚痴時々子育てブログ

気まぐれに小説とか愚痴とか子育てのお話を。

  • 記事数 278
  • 読者 22
  • 昨日のアクセス数 139

恋をする女 37

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/18 12:58:24

  • 1
  • 0

定時より少し遅くなってしまい、着替えた後に結城さんにメールを送った。
すぐに返信が来て、駅で待ち合わせすることになった。
駅に向かうと結城さんはすでに来ていた。

「遅くなってすみません!」
「大丈夫。僕も今来たところだから。お疲れ様」
そう言うと結城さんはあたしをじっと見た。
「…?」
「あ、ごめん。私服初めて見たから。やっぱり可愛いね」
「えっ!?」


ストレートすぎて戸惑ってしまう。
結城さんってなんか独特なペースの人かも。


「じゃ、行こうか?」
その時ふと別の場所から視線を感じた。
振り返ると、あたし達を見て目を丸くしてる坂本さんがいる。
「坂本さん…!」
あたし達が気付くと、坂本さんはわざとらしくカバンで顔を隠しながら去って行った。


い…今の反応は…?


「坂本さん…大丈夫ですか?」
結城さんは何も気にしてない風でニコッと笑った。
「なんで?別にやましいことしてる訳じゃないし」
「そ、そうですよね!」


一瞬でも焦った自分が恥ずかしい。
あたしって自意識過剰?


気をとりなおして、駅近くのショッピングビルに向かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 二人きり

    2014/09/26

    翌日。30分ほど退勤するのが遅くなったあたし。...

  2. 初デート

    2015/02/05

    実はあんまり彼の顔を覚えてなかった。黒縁メガネ。電気屋...

  1. 最後のデートは2ヶ月と少し前春らしくなった気持ちのいいお...

  2. 支度を終えて、先輩と2人で出掛けた。「どこに行くの?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 玄関チャイムが鳴って外を見たが
  2. 彼女がケガ 彼氏の態度に違和感
  3. 「おばさん」と呼ばれる覚悟ない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3