move along

カッコいいけど、恋には臆病な十和。ガサツで女の子らしくない一瑚。 双子の恋愛模様

  • 記事数 79
  • 読者 203
  • 昨日のアクセス数 47

side Ichiko ♯29

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/18 08:45:24

  • 38
  • 0

カコとはお隣さん同士だから、昔は家族ぐるみで行ったり来たり。
カコが枕と着替えもって、うちに泊まりにきたこともあったくらい。

「遅くにすみません。いっこちゃんと話したら、すぐ帰るんで」

今夜も夜9時ちょっと前と遅めに来訪した客に。

「あ~カコちゃん、久しぶり。
いいよお、ゆっくりしてきな、何なら泊まってく?」

お母さんは寛大すぎる歓迎をする。
…今、お酒入って、気が大きくなってるからなあ。


返事に困ってるカコの手を引いて、あたしの部屋に移動。


カコはあたしの部屋に入ると、妙にきょろきょろしてから言った。


「…今、十和くん、何してる?」
「んー、風呂入ってる。あいつ長いから、多分あと30分くらい出てこないよ」

あたしの答えに、カコはほっとしたようで、ラグの上に腰を落とす。


「…いっこちゃん、どうしよ。十和くん、好きな人出来たっぽい。
…あきらめたほうが、いいかなあ」

あたしの腕にすがって、カコは泣きそうな顔だった。


「えっ、だ、誰…?」

全く思い当る節がない。
クッション抱えて、首をかしげると、
カコはあたしを「鈍いよ」と責める。


「日下部蘭さん…この間、十和くんが助けた人」



先週の日曜、十和は変な女子高生と知り合った。

なんでも電車に飛び込みそうになったのを、十和が助けたらしい。

日下部蘭って女子高生。その子の母親とうちの母親は、
なんと昔同じお店で働いてたらしい。世間て狭い。

あたしは十和が助けたって彼女にも、
わざわざうちにお礼に来てくれた母親とお姉さんにも、
会ってないんだけど。


「えー、あの十和が~? 女子高生~?
カコさあ、考えすぎ…じゃない?」

恋愛冷血主義のあいつが、よりにもよって年上の女子高生を
好きになっちゃうなんて図、イメージできない。


「いっこちゃんは、彼女といる時の十和くん見てないから、
そんなのんきなこと言えるんだよ。
無自覚かもしれないけど…絶対、十和くん、あの人意識してる」

恋する女のカンってやつなのか、
カコはやけに自信たっぷりに断言する。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 妊娠6か月 夫とほぼ会話がない
  2. 結婚1週間 離婚したくて置手紙
  3. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3