アヤノのフィクションROOM

ブログ休止中です(>_<) コメントはいつでも受付中(*´∇`*)

  • 記事数 607
  • 読者 245
  • 昨日のアクセス数 1179

Rei is life 233

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/30 13:36:29

  • 50
  • 0

どうご機嫌取りをするのか
それとも?


前を3人で歩き
タクミ、レイ、イタルと挟まれて(笑)
ユウヤがトボトボと一人後ろからついてきた


家に着き中にはいっても
一人ポツンと隅の方に俯き落ち込んでいる様子


そんな姿にちょっといじめすぎたかなと思い
ユウヤの前にちょこんと座り耳打ちした


レイ
「買い忘れたものあるから付き合ってくれる?」


ユウヤ
「タクミかイタルに付き合ってもらえばいいだろ❗」
とボソボソと言った


レイ
「ダメ?ユウヤじゃないと意味がないんだけど・・・」


ユウヤ
「俺じゃないとダメなの?( ̄▽ ̄)」
顔がにやけてますけど(笑)


レイ
「ダメなの・・・付き合ってくれる?」
ちょっと甘えた声で言ってみる


ユウヤ
「しょうがねぇなぁ(o´ェ`o)ゞ」
はい❗完璧❗単純ですね(笑)


2人には、仲直りしてくると告げ


タクミ
「ごゆっくりー( ̄ー+ ̄)」
と意味深な笑みを浮かべ送り出された


買い忘れとは嘘だけど一応財布を持って出掛けた
玄関を出てすぐに


ユウヤ
「俺じゃなきゃダメな買い物ってなんなんだよ」


レイ
「まぁまぁ❗いいから🎵行くよ🎵」


さっきはあんなにニヤニヤしてたくせに
納得いかないような顔をしてついてくる


レイ
「ユウヤ❗早く❗待たせたら悪いから🎵」


ユウヤ
「はいはい。」


暫く歩いて公園についた


レイ
「ちょっと休憩🎵ユウヤ❗座って❗」


ユウヤ
「何なんだよ❗買い物行くんだろ?」
ちょっとご機嫌ななめになってきましたよ?








同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. レイ「もう❗そんな冗談言わないでー🎵」イタル「は...

  2. アカネ「何?この二人も知り合い?」タクミ「友達だよね~...

  1. 皆に無視され撃沈したユウヤもくもくとひたすら食べていた(笑...

  2. カウントダウンパーティーが始まりお腹が空いていたのかどんど...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 幼稚園の娘と居ると苛々する母親
  2. 育児放棄や虐待するのが怖い妊婦
  3. 後味悪く感じた父の支払い態度

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3