アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 ツバサとタケルの恋編

  • 記事数 506
  • 読者 255
  • 昨日のアクセス数 501

Rei is life 226

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/25 10:29:41

  • 37
  • 0

ユウヤ
「そろそろ寝よっか❗」


レイ
「うん。明日は買い出ししなきゃね🎵」


ユウヤ
「そうだな🎵俺、ポテサラ食べたいな❗」


レイ
「かしこまりました(笑)後は何がいいかなー
唐揚げ?パスタ?あとはー・・・」


ユウヤ
「後は見て考えよう❗
レイ?俺に背中向けて寝て?抱き締めて寝たい」


レイ
「えっ?でも・・・顔が見れない・・・よ?」


ユウヤ
「駄目?ギュッってしたい❤」


レイ
「わかった❤」


ユウヤに背を向けお腹の部分に回ってきた腕に
自分の手を重ねた


レイ
「おやすみなさい🎵」


ユウヤ
「おやすみ🎵」


最後のおやすみの言葉を言うとウトウトと
睡魔に襲われ眠りにつくレイ


完全に夢の世界に行きそうになっているとき
もぞもぞと手が動くのがわかった


でも睡魔には勝てず目を瞑ったままされるがまま


ユウヤの手はパジャマの中に入って来ていた
目繰り上げられ胸が露にされる


寝るときはブラはしないレイ
そのまま両胸を揉まれ先端にも触れる


まだ睡魔の方が勝っていた
反応を示さないレイにユウヤは諦めたのか
手が離れ中から出ていってしまう









同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 大人のキスが始まった『チュッ チュッ チュパッ...

  2. レイ「大丈夫だから・・・止めないで」ユウヤ「本当に大丈...

  1. レイの家に着きコーヒーを入れているとはい、来ましたよ🎵電...

  2. 止まることなく動く手その手にも呆気なくイカされてしまう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/25 編集部Pick up!!

  1. 会費制の披露宴 金額に驚いた
  2. 不妊で友人を無くしてしまった
  3. 知り合いの犯罪行為を目撃した

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3