ブログランキング10

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1008
  • 読者 1179
  • 昨日のアクセス数 21914

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/18 08:19:42

  • 112
  • 2

私が帰りたいと思っているのに、事務所は
藤井さんまで来るし、その後も何人か出入りしている気配で、様子をのぞいたら、4人くらいいて、何事か起きたのかと思ってしまう。

それでお茶を淹れて持って行くと、その中のひとりが

『夜分に申し訳無い。時間外に押しかけてしまってご迷惑をかけます。』

直立不動で言われて、こんな時、そうですよ、わたしゃ早く帰りたい、なんて絶対に言えない。

『どうぞ、お気になさらないでください。』

不機嫌さを隠して、すごくいい奥さんの顔で応えてきた。

そのあと直ぐに洋平がやってきて

『悪いな。先に帰るか、タクシー呼ぶか。』

『いや、ここまできたら付き合うわ。』

『そうか。』

なんてやったら嬉しそうな顔するもんだから、待つことにした。
お腹空いたのは、それからどこかへ行っちゃって、時間が勿体無いし、コーヒーを淹れて、自分の仕事をすることにした。

10時を過ぎた頃、

『そろそろなんだけど、飯行くかって誘われてる。どうする?』

いや、この時間からのお付き合いのメシは遠慮したい。
そのまま伝えたら、わかったよって、でもなんだかんだで事務所を出たのは11時に近かった。

『疲れたろう?』

帰りの車の中で言われたけど

『それは洋平も同じだよ。帰って直ぐに寝るから大丈夫。』

『悪かったな。』

って、もういいから。仕事してるのはわかってる事だし、なんて思っていたら爆睡していたらしい。
起こされて

『メシ、風呂、どっちが先?』す

ああ、なんかどれもいらない、そんな気分。

『取り敢えず着替えする。』

お茶漬けでも作るって言う洋平を残してひとりで二階に上がった。

ストッキングを脱いだら一気に体の芯がなくなったようで、そのままベッドにダイブ。
なんか今日は変だなと思いつつ、眠ってしまったようだ。
でも直ぐに洋平に起こされた、

『寝るのはいいけど、服くらいは着替えろよ。しょうがねえな。』

と、言いつつ、脱がせてくれるようで、スカート、セーター、ブラウス、それからキャミ、

『なんだかエロいな。』

そして背中のブラのホックを外したら

『もしかして、俺、こんな風に脱がすのは初めてかも知れねえ。
なんかそそるわ。』

おっさんのたわ言も素通りの感じ。

『うん?おまえさ、熱ある?』

部屋を出て戻ってきたら体温計を脇に差し込まれた。

ピピッと鳴って、37.9。

『おい、風邪か。』

『わからん。でも大した事ないからこのまま寝かせて。』

洋平も隣りに潜り込んで抱いてくれて、風邪なら移るのにと思いながらそのまま、また爆睡。
だけどまた起こされた。

『さっきより熱い。』

そう言って、部屋から出て言った。途端に寒気がし始める。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5621149・11/18

    マリーさん
    発熱が珍しいので、びっくりしてるんですよ。

  2. マリーさん(43歳)ID:5621111・11/18

    なんだかんだ洋平さんはしのぶさんのこと大切なんですね❤愛されてますなぁ~🎶

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 1歳5か月イヤイヤ期来そうで不安
  2. 夫の前妻が友人とママ友だった
  3. 公務員に内定で「日本も終わり」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3