ブログランキング98

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2519
  • 読者 141
  • 昨日のアクセス数 2644

好きになっても良いですか?サトシの場合㉒-2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/18 10:14:26

  • 13
  • 0

………

※エッチなお話になります
 苦手な方はスルー願いますm(_ _)m
♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪









チヒロをこうして
しまったのも


俺のせいだ…



俺はチヒロを抱き上げて


ベッドへ連れて行き
ゆっくりと下ろす



「チヒロ?嫌とか言うなよ?
自分が言ったんだからな?」



チヒロは恥ずかしそうにしながら頷いた…


そして

両手を広げて俺のことを抱きしめ


「好き…」と言う



俺の胸の奥が痛む…

それは教師と言う壁のせいだ…



俺だってチヒロに
負けないくらい好きなんだ…


チヒロにキスしながら
パーカーのファスナーを下げて
脱がす…



俺も着ているのを脱いで
上半身裸に



チヒロの長Tを捲くりあげ
キャミソールも捲くりブラをづらすと


チヒロの白い綺麗な胸が見えた




そこにキスを落とす…



「んっ!」


チヒロの手を掴み
指を絡めて


身体中にキスを落とすと


「んっ!」



チヒロは声を我慢してる



「チヒロ?声我慢するなよ?」



目を潤ませて俺に微笑む


俺は片方の胸を鷲掴み揉んで
もう片方の胸の乳首を舌で転がしながら弄ぶ



「あん…サトシさ…ん、気持ち…いい」



その言葉を聞いて

乳首を思っきり吸った



「ダメぇ…おかしくなる!」



「それ言わないっていったよな?」




「んっ!だって…気持ちいいから…」



胸を揉みながら、もう一回乳首を強く吸った



すると

ビクっ ビクン


身体が痙攣したかと思ったら

チヒロがイってしまう…



フッ



「お前…これだけで
イったのか?」



俺が言うと

顔を赤くして…



「違うっ!」


否定してるチヒロ



「どれ?」


デニムのスカートを捲り
ショーツを一気に脱がし



指をチヒロの敏感な部分にあてると


ヌルヌルしてる


「嘘つき…」


そう言って俺はチヒロに
指を見せた



「やっ…見せないで!」



「素直にならないとだめだろ?」


俺はチヒロにキスしながら
蕾に刺激を与えた



「んーっ!ダメぇ…気持ち…いいから…」


「気持ちいいなら、イイだろ?」


そのまま指の動きを早めたら



「あぁん…イっちゃ…う」


チヒロは声をあげ
身体を痙攣させながら


ビクンっ…



達した…









………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 奨学金利用したら親として失格か
  2. 義実家の生活費を負担しカツカツ
  3. 義母からのLINEが気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3