エリさんのブログ

  • 記事数 44
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 33

唐津家の息子たち

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 家庭

2016/11/17 22:57:44

  • 0
  • 0

娘を抱っこし私は微笑ましい親子のはしゃぐ姿を眺めてた。

久々に夫は息子に満面の笑顔向けている。
いつぶりだろうか夫の笑顔なんてと思える。
息子に感化され無邪気に凧揚げして遊んでる姿に心がふわっと温まる気がする。

むすめは私の腕の中でお昼寝し心地好さそうだ。

その反面で脳裏に浮かぶ実家…彼処は冷やかな場所だろう…


夫に触れ、心地の良さを知って、子供ができ
家庭を知った。
温もりが感じれる帰る場所…

私が覚えてる実家の思い出は…そう無いし覚えてても縄でくびつながれてたり、あらゆるもので殴られ蔵の中でいたのくらい…

家庭てこんなもんなんだろうか…
兄妹は優しくされてて私だけ死ねばいいとばかりにされる

逃げ出してモノクロのような感覚の世界
色が見えてるのにまるで漫画の白黒の世界…

働き、私は"何か"の渇きに飢えていた。
逃げる先々に男に言い寄られ利用し合う。
でも飢えは満たされることなかった。

夫に出会うまでは。
夫は心身ともに壊れた私をみつけ拾った人。
壊れてもなお都合よく言いよる利用しようとする男の手も払ってくれた。

気がつけば私は夫のそばで傷を癒すまでとか約束で同棲…傷癒えて住み込みで働き出ようとしたとき引き止められ結婚すぐ妊娠…

同棲の時、精神崩壊してるわたしの発作をただひたすら抱きしめ背中をさすってくれた。

渇き飢えていた心が不思議と満たされていくか…その感覚を忘れれない。


そんな父の暖かさを受け継いで欲しいし実力持って安定してあるべきところに落ち着ける人であって欲しいかな、いう思いから名付けた
実敦と妹の啓愛(愛される道開く人であって欲しい)二人に幸せであって欲しい

母としての思いはこの子たちに伝わるだろうか…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 年末、「マッサン」総集編が放送されてましたが、見た方いらっし...

  2. 子供が小学生の頃のデジタル日記掘り起こしシリーズです。…...

  1. わたしが体調がわるいというと、夫は、起きてきて、かわりに子供...

  2. 夜勤明けの夫を家に残して吉祥寺実家の母と待ち合わせして...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫を本気で怒らせてしまった
  2. 金ないアピールする友人に疲れた
  3. 夫が飲み屋の女性と浮気している

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3