guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 666
  • 昨日のアクセス数 84

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/17 20:22:09

  • 74
  • 0

私は一目で千秋さんだと気づいたが、
千秋さんは私には
気づいていなさそうだった。


千秋さんは立ち上がろうとしたが
まだフラついていた。


「…無理しないほうが。
店員さん呼んでくるので、
待っててください。
たぶん医務室とかあると思います。」


そう伝えて千秋さんのそばを離れ、
店員さんに声をかけると、
車椅子を持ってきてくれた。


店員さんと千秋さんのもとに戻り、
車椅子に乗せるのを手伝った。
近くに置かれていた千秋さんのバッグも
彼女の膝に乗せようと手を伸ばした。


しかし、ドキッとして
拾おうとした手を止めてしまった。


これって…。


トートバッグの内側に
入れ込んであるものの、
このキーホルダーは街中で
よく見かけるものだった。


ピンクのコロンとした形のプレートに
目を伏せ女性と赤ちゃんが描かれている、
あのキーホルダー。


そこからの記憶は曖昧だった。
たぶん店員さんに何度もお礼を言われ、
その後なんとか買い物を済ませて
どう歩いたか分からないが、
気がついたら自宅マンションの前にいた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/21 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3