ブログランキング15

Fictions

ありがとうございました。3月中に退会します。

  • 記事数 397
  • 読者 2043
  • 昨日のアクセス数 24720

128 先生 24

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/16 21:34:23

  • 183
  • 0

白川の家まで送るか……。
手早く車を発進させ、少し走った所で、彼女が口を開いた。


「……村上先生の家に行きたいな」

「何しに来るの」

思いつきを遮るように言ったが、彼女は俺に身体を向け、懇願の口調で言った。

「この前の約束、忘れてないよね、先生…」

忘れてはいない。しかし―――

「……本気?」

俺の確認に、白川は迷いなく頷く。



なるようになれと、自宅までの車線に移った。

馬鹿げた内容だが、約束したんだ。

寂しいなら、俺が抱いてやる。
傷ついたなら、俺がこいつを大事にしてやる。
寂しがるこいつを、俺は放ってはおけない。




近所の目もあるから、急いで家に入るように言った。俺んちの玄関に突っ立っている白川は、まだ迷いを感じているように思えた。

「帰る?」

冷酷に言い放つと、キッと俺を見据えた後、すぐに靴を脱いで上がってきた。後に戻れないのか、……彼女の表情だけ見ていても、何を考えているのかわからない。



「あまり時間がないな」

こんな状況でも、白川を早く家に帰したいと考えているのが酷く滑稽に感じた。今からもっと大きな、取り返しのつかない罪を犯そうとしているのに。


彼女を風呂場まで連れてくると、目の前でジャケットを脱ぎ、見せつけるように自分のシャツのボタンを外し始めた。
それでも身じろぎせずそこにいる白川に、苛立ちを感じた。

「脱ぎなさい。脱がないとできないだろ」

我ながら表情も口調も温かさのない冷たいものだった。優しくしてやりたいが、恋人ではない。―――こんな状況で、どうするのがいいのか、皆目わからなかった。

白川が一枚一枚制服を脱ぎ捨てていき、下着だけになった時、俺のものは加速度的に硬さを増し始めた。
白い柔らかな胸がブラジャーからこぼれそうに、窮屈そうに収まっているのを見ると………


俺の視線に気付いたのか、彼女は胸を手で隠しながら、恥ずかしそうに顔を上気させて俯いた。


「隠すな。きれいな身体だよ。胸もあるし……」


本当にきれいな身体だ。ごくりと息を飲みそうなのを堪え、俺は白川の両腕を離した後、トランクスを脱いだ。

男の憤りに目を奪われている白川に苦笑する。

「初めて見るものでもないでしょう」
そう言うと、さらに恥ずかしそうに、大きな瞳に困惑の色を乗せて俺を恨めしく見上げた。

同じテーマの記事

  • 302/16
  • 502/14
  • 202/16
  • 502/17

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 白川の家に着き、彼女の母親に挨拶をした。俺が先程、娘に禁忌...

    Fictions

    • 149
    • 0
  2. 【インテグラル 4】自ら傷付けた腕から流れる血を...

  1. 俺はやぶ子を抱きしめたまま一番真面目な顔を作った。すべて信用...

  2. この日 初めてイモムシに親友が出来たイモムシは何が...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 会社都合で辞めさせて貰えず困る
  2. 妻が作った弁当捨て続けていた夫
  3. 「無視」指令で親友が離れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3