guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 673
  • 昨日のアクセス数 388

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 18:32:37

  • 68
  • 0

翌朝、いつものように
聡くんを送り出して、
いつものように家事をこなした。


お昼前くらいに、
マンションの階段を駆け下りて
ポストを覗いた。


なにも入っていない。


お昼過ぎにももう一度見に行った。


なにもない。


Z社の合否通知が届くのが
気になって仕方なかったが、
とりあえずそのまま
夕飯の買い物に行くことにした。


献立を考えながら
ゆっくりカートを押して歩いていると、
通路でうずくまっている女性がいた。


「…あの、大丈夫ですか?」


声をかけると、
女性がゆっくり顔を上げた。


「すみません、
ちょっと立ちくらみがして…。」


女性と目が合った瞬間、
私は心臓が止まるかと思うほど驚いた。
その女性は、千秋さんだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    1日前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18206 / 読者数 4108

  2. 2

    未来予想図

    5日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3150

  1. 3

    When love ...

    14時間前

    リノ

    記事数 687 / 読者数 1307

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 最初の方は、屋外で旅行のガイドのような年配の女性がいたよ...

  2. とっても疲れていた。アブドゥールのカウチで数時間は熟睡し...

  1. 当時、女性音楽家が不正な方法で、経済的補助を受けたり、オーデ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/18 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3