guilty lovers

EP1〜出会い、19〜変化、46〜始まり、60〜葛藤、90〜転落、148〜罰

  • 記事数 296
  • 読者 369
  • 昨日のアクセス数 94

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 18:32:37

  • 62
  • 0

翌朝、いつものように
聡くんを送り出して、
いつものように家事をこなした。


お昼前くらいに、
マンションの階段を駆け下りて
ポストを覗いた。


なにも入っていない。


お昼過ぎにももう一度見に行った。


なにもない。


Z社の合否通知が届くのが
気になって仕方なかったが、
とりあえずそのまま
夕飯の買い物に行くことにした。


献立を考えながら
ゆっくりカートを押して歩いていると、
通路でうずくまっている女性がいた。


「…あの、大丈夫ですか?」


声をかけると、
女性がゆっくり顔を上げた。


「すみません、
ちょっと立ちくらみがして…。」


女性と目が合った瞬間、
私は心臓が止まるかと思うほど驚いた。
その女性は、千秋さんだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 『ステラの婚活/彼女もお見合いパーティへ行くの?』201...

  2. いつものスーパーでお買い物をしていると、義兄が女性と2人で歩...

  1. 距離_3

    2015/01/25

    トイレから出た志乃は、そのまま席に戻らずに駐車場の方に向か...

  2. 子供が熱出しましたー。…お父さんがお迎えに行ってください...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 夫の不祥事 義母のメールに愕然
  2. キラキラネームつける人に思う事
  3. 専業主婦を「無職」と呼ぶ友人

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3