guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 669
  • 昨日のアクセス数 164

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 18:32:37

  • 68
  • 0

翌朝、いつものように
聡くんを送り出して、
いつものように家事をこなした。


お昼前くらいに、
マンションの階段を駆け下りて
ポストを覗いた。


なにも入っていない。


お昼過ぎにももう一度見に行った。


なにもない。


Z社の合否通知が届くのが
気になって仕方なかったが、
とりあえずそのまま
夕飯の買い物に行くことにした。


献立を考えながら
ゆっくりカートを押して歩いていると、
通路でうずくまっている女性がいた。


「…あの、大丈夫ですか?」


声をかけると、
女性がゆっくり顔を上げた。


「すみません、
ちょっと立ちくらみがして…。」


女性と目が合った瞬間、
私は心臓が止まるかと思うほど驚いた。
その女性は、千秋さんだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今、世の中を騒がしているあの女性政治家。うちわ大臣ではな...

  2. リセット

    2015/04/23

    恋するつぶやきや恋するキモチを「こんなの当たり前」...

  1. 脚が痛い。階段を下りて気付いた主との行為の痕。何時間、...

  2. ハルが最近、面白い事を始めちゃいました!何だと思います?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3