guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 669
  • 昨日のアクセス数 316

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 18:32:37

  • 68
  • 0

翌朝、いつものように
聡くんを送り出して、
いつものように家事をこなした。


お昼前くらいに、
マンションの階段を駆け下りて
ポストを覗いた。


なにも入っていない。


お昼過ぎにももう一度見に行った。


なにもない。


Z社の合否通知が届くのが
気になって仕方なかったが、
とりあえずそのまま
夕飯の買い物に行くことにした。


献立を考えながら
ゆっくりカートを押して歩いていると、
通路でうずくまっている女性がいた。


「…あの、大丈夫ですか?」


声をかけると、
女性がゆっくり顔を上げた。


「すみません、
ちょっと立ちくらみがして…。」


女性と目が合った瞬間、
私は心臓が止まるかと思うほど驚いた。
その女性は、千秋さんだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 一夫多妻制度とは戦時中に考え出された制度だと聞いた。要...

  2. ディスカウントなスーパーには様々なお客さんが来店するよう...

  1. 民宿

    2014/11/12

    民宿に入ってみた。『あの…泊めて頂きたいのですが?』...

  2. 張り込みはじめて1カ月ぐらいのころ、とうとうそのときが来...

    月と太陽

    • 181
    • 2

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 仕事に行くフリして働かない夫
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3