リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 455
  • 昨日のアクセス数 306

捨て猫拾いました①

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 18:25:52

  • 87
  • 0

翌日。
心なしか五十嵐君がかっこよく見える。

『何?なんか手伝う?』
見つめていたのがばれた。

『ううん、なんでもない‼』

『白崎さん美人だから見られると緊張する』
無表情でさらりと言ってのける。
緊張してないだろ。


『なーに蒼汰を見つめてんだよ』
いつの間にか槙が来ていた。

『あれ、虹輔。今日月曜日だよ?』
1つも表情を変えずに五十嵐君が聞いた。

『水曜来れないかも知れないから今日来た。三木さんは?』
なんとなく、少し元気がない様な。

『編集長なら喫煙所じゃない?』

『わかった。』
喫煙所に向かうのかフロアを出ようとすると
ちょうど真琴ちゃんが戻って来た。

『あ、槙!あれ?なんか具合悪い?』

真琴ちゃんが槙のおでこを触ろうとすると

『やめろ、触んな!』
と手を払いのけた。

『え?槙?』
真琴ちゃんはびっくりしたあと、悲しそうな顔になった。

槙は一瞬だけ五十嵐君を見たような気がする。



もしかして、槙なりに五十嵐君に遠慮してるのかな。
空気読めない訳じゃないのかも。

槙はさっさとフロアを出ていった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 槙③

    11/16

    『虹輔来てたんだ。』取材から帰って来た五十嵐君がマフラー...

  2. 「‥‥純平?…どこいくの?」無言のまましばらく歩き続...

  1. 驚きすぎて、足が動かなくなった言葉も出ない『真琴ちゃ...

  2. 距離_30

    2015/02/04

    志乃もすぐに桄平に気がついた。その距離はわずか3メートル...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. お姫様で居たい義姉が残した伝説
  2. 高価なアクセを貰い手が震える
  3. 6年会っていない娘をSNSで探す親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3