リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 451
  • 昨日のアクセス数 678

捨て猫拾いました①

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 18:25:52

  • 87
  • 0

翌日。
心なしか五十嵐君がかっこよく見える。

『何?なんか手伝う?』
見つめていたのがばれた。

『ううん、なんでもない‼』

『白崎さん美人だから見られると緊張する』
無表情でさらりと言ってのける。
緊張してないだろ。


『なーに蒼汰を見つめてんだよ』
いつの間にか槙が来ていた。

『あれ、虹輔。今日月曜日だよ?』
1つも表情を変えずに五十嵐君が聞いた。

『水曜来れないかも知れないから今日来た。三木さんは?』
なんとなく、少し元気がない様な。

『編集長なら喫煙所じゃない?』

『わかった。』
喫煙所に向かうのかフロアを出ようとすると
ちょうど真琴ちゃんが戻って来た。

『あ、槙!あれ?なんか具合悪い?』

真琴ちゃんが槙のおでこを触ろうとすると

『やめろ、触んな!』
と手を払いのけた。

『え?槙?』
真琴ちゃんはびっくりしたあと、悲しそうな顔になった。

槙は一瞬だけ五十嵐君を見たような気がする。



もしかして、槙なりに五十嵐君に遠慮してるのかな。
空気読めない訳じゃないのかも。

槙はさっさとフロアを出ていった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 水鏡に映る空の蒼さ新緑の深さ海の煌き洞窟の中で見...

  2. 今日1番ボクの気に入った文章。心に積んだ福徳は、何...

  1. 記者会見が終わると、隣にいた男はさっさと出ていった蒼汰と...

  2. Bae's investigation concluded ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 他人のマタニティフォトは削除
  2. 結婚祝い出産祝いを黙って使う夫
  3. 婚活で出会った男性にガッカリ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3