ブログランキング13

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1024
  • 読者 1182
  • 昨日のアクセス数 26958

933 老化の始まり

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/16 16:48:29

  • 125
  • 0

午前中にアポが一件。
これは先日訪問した会社の人なんだけど、名前は知らない。担当ではなかった。

それでもまるきり無縁でもないので、了承を入れておいたのだけれど、忘れてた。
いつもながらの遅めの昼食を摂ってる時。

『あれ、洋平さん、もういいんですか?
どこか調子でも悪いんですか?』

いつもながらのマキちゃんの気遣い。

『ランチしてるもんねえ、ビジネスランチ。
ホテルのね、洋平。』

ふふっと笑う洋平。

『ホテルで。いいですね。
そう言えば、今あちこちのホテルで、お得ランチみたいなの、流行ってますよね。
でも洋平さん、ホテルランチ、済ませてるのに、また食べるって、調子悪いどころじゃなくて、食べ過ぎなんじゃないですか?』

なんの悪意もない、ごく普通のマキちゃんの疑問?心配。

『マキちゃん、ビジネスランチなんて、食った気しないよ。仕事の話しなんてしながらじゃ落ち着かないだろうよ。』

『それもそうですね。
う〜ん、でもしのぶさんなんかいつもそうでしたよね。
おにぎり齧りながらやってましたもの。
今だって時々してますよね。』

『ああ、こいつはな、特別。
ながら族だからな。』

『ながら、族?』

『うん、知らないか、あれやりながら、これやりながら、あちこち手をつけて、結構上手く回しちゃう事さ。』

『あ、それね、もしかしたらそれって女性特有の能力見たいですよ。ながら族って言葉は知らなかったんですけど、女の人は、一度に幾つかの事をこなすって、読んだ事あります。
家事だって、それがあるからそこそこできるんですよね。
でも男の人はひとつの事に結構拘るので得意ではなさそうだって。』

『言われてみればそうかもな。
まあ、自分、不器用なもんでってとこか。』

『やだ、洋平さん、それ、誰か俳優さんのセリフじゃないですか。
でも不器用なくらいの方がいいですよね。
細かい男の人は苦手です。』

そんな他愛も無い話しをしている時だった。

『奥さん、浅川さんという方がお見えになってます。お約束できているとか。
どうします?』

三田さんに言われて思い出した。
もうそんな時間だっけ。物忘れは老化の始まり?

『すみません、お願いします。』

『誰だ?』

『取引のある会社の人。面識はないんだけどね。』

立って歩きながらリモコンのボタンを押した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 反抗期の息子「再婚待とう」と彼
  2. スーパー入り口で泣きわめく女性
  3. 彼「ダメンズ」にしてしまう女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3