ブログランキング15

Fictions

ありがとうございました。3月中に退会します。

  • 記事数 397
  • 読者 2042
  • 昨日のアクセス数 21078

127 先生 23

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 18:20:17

  • 164
  • 0

俺と一緒に車を降りたはずの白川は、浅野が連れ込んでいた子の姿が見えたのか、無言でふらりと車に戻ってしまった。
その後ろ姿を見、焦りを覚えながら、浅野の家の玄関に立つ。


「浅野…学校休んで何してんだ」

ちらりとその女の子に視線を遣ると、その子は恥ずかしそうに胸元を隠して、家の中に入って行ってしまった。
浅野は動じずに、悪びれた様子もなくポケットに手を突っ込んでいる。

「何もしてねえよ。先生、なんで碧連れてきたの」

「お前を心配してたんだろうが!!!電話にも出ないで何やってた!!」

俺は、咄嗟に浅野の胸ぐらを掴んだ。
怒る権利もない淫行教師が偉そうに言えた事ではない。しかし、白川の気持ちを思うとつい手が出そうになってしまった。

浅野は、力のないぼうっとした目で俺を見ながら、小さく呟いた。


「俺、学校やめるよ。……母さんについて行くことにしたんだ。向こうの高校に入るかどうかはわかんねーけど…」



胸ぐらを掴む手が緩むと、浅野は框の上に崩れ落ちた。


「離婚…決まったのか?」

そう尋ねると、浅野はコクンと頷き、薄茶色の髪を揺らす。


「碧には言わないで。………明日は学校行くから」


それ以上は何も聞くなと言わんばかりの浅野に、何一つ言葉は出なかった。


「―――わかった。明日、待ってるよ」

それだけ伝え、俺は車に戻った。




白川は無言で助手席に座っていた。表情はしっかりしているが、傷ついているのは明らかだ。
浅野も、誰を連れ込んでるんだ。そんなに器用な男じゃないだろう……!

「浅野、明日から来るって言ってたよ。巻き込んですまなかった」
エンジンを掛け、シートベルトを着けながら話すが、こんな日に連れてきてしまった罪悪感で、白川の顔が見られない。

少し間が置かれた後、
「…よかったですね」
と、静かな声が聞こえてきた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 絹香の家は高校からそんなに遠くない絹香を降ろしたら『...

  2. 決意④

    2014/05/01

    彼を目で追う。川岸に立ち、ポケットに手を突っ込んで、た...

  1. 淳哉先生の意思も尊重しないといけないし、先生が " い...

  2. 機嫌

    11/27

    有無を言わさず勝手に車の助手席に乗り込んで来た彼。どう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/29 編集部Pick up!!

  1. 紹介予定派遣で条件変えられ悩む
  2. 医師に聞かれた答えづらい質問
  3. 母の命日がくる度思い出す気持ち

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3