ブログランキング16

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 167
  • 読者 1144
  • 昨日のアクセス数 21277

126 先生 22

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 14:13:06

  • 137
  • 0

雑務を終わらせ、天文部の部室に急いだ。
部長の高田が面倒見のいい奴だから、俺もすっかり甘えてしまっていた。

観測会の説明などを終え、あとは買い出し係を決めるだけ。
じゃんけんをさせ、負けた奴を買い出し係にした。
高田と、もう一人の男子が負け、白川のみ全勝していた。
こんな時だけ運のいい奴だと思うと、ふっと笑ってしまった。


あれから元気に過ごしているのか気になり、他の部員を返し、雑用を頼むふりをして白川を残した。

何の用だろうと不思議に思ったのか、彼女はおずおずと俺の前まで来る。こうして見ると、久しぶりにまともに顔を見た気がした。

「元気?」

「うん。何?雑用って」

「ないよ。元気ならいいんだ」

雑用はなかったが、俺にはあるひとつの案が浮かんでいた。
この日の帰り、浅野の家に様子を見に行くつもりだったのだが、白川を連れて行ってやろうか?と。

寂しくなったら、俺とセックスをする。
そんな非常識で卑猥な約束を実現するより、浅野と関係を再び築いてほしいと考えた。

寂しさを埋めるのは俺の手じゃなくてもいいじゃないか。
白川も浅野も、お互い、好きなんだろ?


俺は、白川に浅野の話をした。
二人で連絡は取っていないようで、白川自身も少し戸惑っているようだったが、浅野を心配する気持ちは痛い程感じたので、放課後一緒に連れて行くことにした。


お節介をしている自覚はあった。が、これで二人がまた、つきあっていけるのなら、万々歳だろう。

安っぽい正義感を出して、無神経にそう思っていたのだ。





結果は―――。

浅野は家にいた。
薄着の中学生…高校生ほどの女と共に。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 復縁した彼の上から目線な発言
  2. 子作りに妻の一言で夫が大激怒
  3. レシピ通り作った料理に夫の感想

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3