ブログランキング68

Hypnotic

17歳の寄り道。

  • 記事数 246
  • 読者 1671
  • 昨日のアクセス数 4882

125 先生 21

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 13:13:15

  • 127
  • 0

白川との出来事があった翌日から、また浅野は休むようになった。
電話をしても出ない。メールも帰って来ない。既読もつかない。
一度様子を見に家に寄りたかったが、年度初めの雑務もあり、なかなかいける時間を作れなかった。

白川とは、学校では何もなかったように話せるし、校内で見る彼女は他の生徒と何ら変わりはなかった。



昼休み、化学準備室で授業の準備をしていると、コンコンとノック音が聞こえてきた。
カラカラとほんの少しだけドアが開き、その隙間からちょこんと覗く生徒。

「村上先生。今、お時間ありますか?」

目と前髪しか見えないぐらいの隙間から俺に話しかけてくる。

1-Aの小谷美咲。天文部の女子部員だ。
化学が苦手らしく、入学して早々、よく一人で質問に来ていた。

「時間はあんまりないけど……質問ですか?」

まあ、少しだけなら……とドアを開けると、小谷は嬉しそうに教科書とノートを胸に抱え、俺に寄り添うように座った。
関係を誤解されては困るので、校内ではドアを開け放って密室にならないようにしていた。

俺が説明している間も、小谷は俺をうっとりと見つめている。
年上に憧れる時期なのだろう。女子の少ないこの学校では、恋愛に不自由はしないと思うのだが、俺につきまとう気なら、飽きるまで勝手にしろと思っていた。
ガキに興味はない。

そうだ。ガキには興味がない。
ずっとそう思っていたのに。小谷と、白川と、……俺にとって何が違うのだろう。


「よくわかりました、ありがとうございました」

小谷はふわふわの茶色の髪を揺らし、俺に礼をする。
いつもは、どうもと会釈していただけだが、その日は呼び止めて話した。

「天文部、女子入部したよ」

「そうなんですか!?何組の…」

「俺のクラスだから2年だよ。仲よくしてやって」

「はい!なかよくします!」

小谷は、向日葵のような明るい笑顔を俺に向け、戻って行った。

人の事は言えないのだが、白川は話してみると、どことなく影のある奴だ。小谷とうまくいくのかは未知数だが、意外と正反対の性格の方がしっくりくるかもしれないし、女子同士、結束は固まるだろう。

あいつの不安と寂しさが、少しでも薄れたらいい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 結局、ふたりとも入部することになった。楽しく過ごしてくれれ...

    Hypnotic

    • 129
    • 0
  2. 生徒はもう帰っていて、教室には誰もいなかった。古びた椅子を引...

    Hypnotic

    • 133
    • 0
  1. 「お前がそんなこと気にするな。それより、女とかいないのか。恋...

    Hypnotic

    • 186
    • 0
  2. 74

    10/20

    やっぱり、遥は頭のネジが一個飛んでる。一個では足らないかもし...

    Hypnotic

    • 117
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 遠方の結婚式に呼ばれ参加迷う訳
  2. 子が成人になり即離婚した夫婦
  3. 予約無断キャンセルに怒る飲食店

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3