リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 483
  • 昨日のアクセス数 707

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/16 11:47:28

  • 92
  • 0

槙はちょっと不思議な雰囲気を持っている。
マイペースで空気を読まない。

『ねぇ、そこでカメラの手入れしないでよ』

ちょっと席を外したら槙が座っていて
わざわざ私のデスクでレンズを外して拭いている。

『あ、槙~‼来てたの~?』
取材から戻ってきた真琴ちゃんが私のデスクに座る槙に飛びついた。

『真琴、胸当たってる。』
うざったそうにしながらカメラの手入れを続ける。

『当ててるんだよ~』

真琴ちゃんは黒髪ロングの美少女系。巨乳。
23歳でここでは最年少。

『っていうか、真琴の席においでよ~。』
『やだよ。お前のデスク無駄にピンクでムカつく。』
『もー!あずさちゃんばっかりずるいんだから~‼』

真琴ちゃんはこんなんだけど、仕事はきっちりやるし
意外にさっぱりとした性格。

『だいたい、最近どこに泊まってるのよ?真琴の所に来ないし!まさかあずさちゃんのとこ?』

え、この二人そういう関係だったの⁉。

『ちげーよ。いろんな所だよ。』

コイツ最低だ。

『でもそろそろ違うとこ行きてーな。
あ、あずさのとこ泊めてよ』
無駄に整った顔で笑う。

『死んでも嫌だ。もう、どいてよ‼仕事するんだから』

槙を無理やりどかして、パソコンを開くと

キーボードの上にゴキ○リが!

『ひぃっ⁉』
思わず変な声をあげた。

『ぶっ』
槙がお腹を抱えて笑っている。


ゴ○ブリのおもちゃ………

『まじであずさ最高‼じゃ~な~』
カメラを抱えて出ていった。

『あずさちゃん、愛されててい~な~』
真琴ちゃんもニコニコと席に戻って行った。

疲れる…………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 最低

    2016/07/06

    いつも何かあると三人で集まるパフェ屋さん。手前のほうは...

  2. その日、日向さんの歓迎会があった。日向さんは人気者なので...

  1. 次の日、教室に入ったが渡瀬くんは、まだ登校していなかった...

  2. 『ちょっとー!真琴大丈夫?』次の日は、終業式教室に入る...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. 電車の座席に「仕切り」つけたい
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 園で「トラブルマン」と呼ばれる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3