ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 162
  • 読者 1136
  • 昨日のアクセス数 24382

124 先生 20

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/15 23:21:26

  • 150
  • 0

俺の返事に、白川はつぶらな瞳をさらにまんまるにさせた。
何だよそのリアクション。お前が言いだしたんだろ。


「いいの?先生なのに?この前プリンくれた時だって、見つかったらだめな感じだったのに…」

「俺のズボンずり下げて咥えた奴がよく言うよ。別に俺は、お前ひとり抱くぐらい何てことないよ。オナニーしてるのと変わらない」

鼻で笑って答えた。
それは半分本当で半分は嘘だが、この提案にはボランティア精神もわずかに混じっていた。そして、そこにはもちろん…白川を抱きたいという、薄汚い興味も。



「いいか。条件は絶対秘密。それだけだよ」


真っ赤な顔をして、白川は頷いた。



その後、彼女を送り届けて家に帰った。
少し仕事を片づけ、布団に入った時、白川と交わした約束を思い浮かべ、溜息を吐いた。

「バカな約束してしまったな……」

寝返りを打つが、白川の姿が頭から離れない。

抜かれたせいもあるが、その晩はオナニーする気にはなれなかった。
瞳を揺らして俺を見つめるあの眼差し。あどけない笑顔や、無防備な泣き顔―――。

寂しい時は、抱き締めてやりたい。
あいつが求める時に、そばにいられたら……。

そんな事まで考えている自分に苦笑した。

結局、ずっとあいつのことばかり考えている。恋してるわけでもあるまいし。
あいつも、いくら不安だとしても、やってる事はクソビッチじゃねえか。

これ以上、俺の心を埋め尽くされたくなくて、冷静になろうと思いを巡らせる。

――今日の約束は、あいつにとってもその場のノリだったのかもしれない。本気で言っているわけじゃないかもしれない。
まともに受け取り過ぎるな。

あいつを妄想するのと、実際に抱くのではわけが違う。

入れ込んで痛い目に遭うのは、俺だ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 「クリスマスに欠かせない物」
  2. 姑「夫が風邪引くのは妻のせい」
  3. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3