ひと夏の出来事

結婚10年アラフォー、子なし主婦のリアルなひと夏の出来事。

  • 記事数 47
  • 読者 19
  • 昨日のアクセス数 284

綺麗だよ…

しおりをはさむ

2016/11/18 00:13:31

  • 3
  • 0

ホテルに入ると手慣れた様子で部屋を選び、フロントで手続きをして部屋へ向かう。
おーちゃんはここのホテルは彼女のいるお友達にお勧めされた、と教えてくれた。

私は部屋に入りベッドに座わった。
主人に嘘をついて家を出て、まわりの目を気にせずおーちゃんと二人きりになれた安心感から少しほっとしていた。

おーちゃんは私に少年みたいな格好だな、と言った。
スポーツクラブに行くと家を出て来ているので、アンクルパンツにニット、カーディガンを羽織り財布と携帯が入る大きさの斜め掛けバックと言う軽装。
おーちゃんに会うとはいえ、近所のスポーツクラブに行くのにお洒落して家を出るのも不自然かと思い、いつもどうりの格好だった。

近所のスポーツクラブに行くのにお洒落して行かないでしょ。と言うと、ふ~んと言う返事。

雑談をしながらおーちゃんは私の後ろに座り、肩を揉んでくれた。
かなり強い力で揉んでくれていたけど、痛いと言えずにいた。

暫くすると手が止まり、私のニットを脱がしてくれる。
んっ?とおーちゃんの動きが止まり、スポーツブラか?とおーちゃん。
私はスポーツブラ風のフロントホックの下着を着けていた。
一応スポーツクラブに行くって家出たから…そこまで主人は気にしてないと思うけど…と私は答えた。
自分で外してね。とおーちゃんは素っ気なかった。

お風呂に入ろ、とおーちゃんはお風呂に向かった。
私も後からお風呂へ向かう。

おーちゃんは先にシャワーを浴び、湯船に入っていた。
私もシャワーを浴び、おーちゃんの足の間に背中を向けて座る。

おーちゃんは後ろから抱きしめるように手を回し、私の胸を揉んでくる。
乳首を指でコリコリしてから少し強めの力で弾く。
「ウンッ……ンッ………アッン!  痛いよ…」
「痛いくらいが気持ちいいんでしょ?」
また乳首をコリコリして指で弾く、を繰り返す。
「アッン!!………アッン!!………アッン!!」
力加減が絶妙で少し痛いけど、感じて声が出る…

手が下の方に伸び、陰部を弄る。
クリを触られ私は腰をくねらせる。
おーちゃんは自分でしないの?と聞いてくる。
私は恥ずかしいので、しない…と答えると、何で言わないの…とボソッと言った。

またおーちゃんは私を浴槽のヘリに座らせて、足を広げて浴槽のヘリに乗せた。
私の陰部を見て、綺麗だよ…と言って私の顔を見た。

そんな事、言われたの初めて…
私は恥ずかしさもあり、目を閉じて顔を背けた。

おーちゃんは指や舌を使って愛撫してくれる。
私はアンアン言いながら感じていた。
でもいかない…

途中、私の指を陰部に持っていき、触って、とおーちゃんは言った。
私はクリを触った。
「オナニーしてるじゃん。」
「おーちゃんが触ってって言ったから…」
おーちゃんに見られている恥ずかしさの方が強く、全然気持ち良くない。

そろそろ出る?とおーちゃんは歯ブラシに歯磨き粉をつけて渡してきた。
2人で歯を磨き、シャワー浴びて出た。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. お風呂に先に向かったおーちゃん。すぐに出て来る様子はない。...

  2. 前回のデートの約束通り、慎吾くんとホテルへやってきた。カラ...

  1. お風呂にお湯を入れに行った先輩が嬉しそうに戻ってきた。...

  2. 「もう遠慮いらなくなったと思うと、ガマンできないや…。」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. どうして無痛分娩を選ぶのか
  2. 夫婦揃って子を作る決心つかない
  3. ママ友いないと子が可哀想なのか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3