ブログランキング76

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3368
  • 読者 722
  • 昨日のアクセス数 4028

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 14:48:05

  • 84
  • 4

11月15日 夜10

桐生院華月


F'sのライヴの後、詩生は打ち上げに誘われてるからって、事務所に。

あたしは…少し寂しい気持ちで会場を出た。

「おまえも打ち上げ出て帰ればいいのに。」

聖がそう言ったけど。

「明日早いの。」

そう。

スタジオでの撮影が早朝から。

「聖は?真っ直ぐ帰る?」

「ちょっと会社に顔出すわ。」

「え?今から?」

「今日のライヴ、映像化するかもしんないからなー。色々先手打っておきたい。」

「あ…確かにね。」

「んじゃ、気を付けて帰れよ。」

「うん。聖も気を付けてね。」

手を上げて、聖と別れる。

…帰ってリズちゃんに遊んでもらおう…

そう思ってトボトボと歩いてると…

「華月。」

「えっ…」

ふいに腕を掴まれて、驚いて肩を揺らした。

「あ…あ~もう…驚いた。」

息を切らした詩生が、そこにいた。

「打ち上げは?」

「事務所であるみたいだから、それまでルームにと思って。来ないか?」

「…DEEBEEのみんなは?」

「彰も希世も子守りがあるから、映に声だけかけて帰った。」

「そっか。」

以前はDEEBEEのベーシストとして、一緒にやって来た映。

今夜は…F'sに加入して初のライヴ。

今までの映とは違って見えた。

朝子ちゃんと結婚した事も関係あるのかな。

なんて言うか…一本芯が通った感じって言うか…

しっかりして見えた。


「…じゃ、少しだけ。」

詩生と手を繋いで事務所に入る。

父さんに見つかったら大騒ぎだけど、きっとまだホールの控室。

DEEBEEの控室に入ると、詩生は…

「…華月…」

後ろから、あたしを抱きしめた。

「…どうしたの?」

「いや…神さんの歌聴いて、色々…うずうずした。」

「うずうず?」

「ああ。俺も…ダメな所や弱い所、たくさんあるからさ…」

あたしを抱きしめてる詩生の手に、そっと触れる。

「そんなの…あたしにだってあるよ?」

「…覚悟してるか?」

「詩生こそ。」

「俺はとっくに。」

「ふふっ…あたしも…」

向かい合うと、詩生があたしの頬を撫でた。

「…愛してる…華月。」

「…あたしも…愛してる…」

ゆっくり目を閉じると、唇が来て。

それがだんだん深まって…あ、こんなとこでそんなにされちゃったら…帰れなくなっちゃうじゃない…って思ってると…

########

ポケットで、スマホが震えた。

「うわっ。」

「はっ……あ…ごめん…スマホ…」

しっかり抱き合ってたから、詩生はバイブに驚いて…笑った。

「父さんからだ…」

「なんて?」

「……」

「華月?」

と…父さんが…

「父さんが、文字打ってる!!」

「…え?」

詩生がスマホを覗き込んで…小さく笑った。

あの、いつもいつもいつもいつも、猫のスタンプしか送って来ない父さんが!!

『知花は俺がマンションに連れて帰る。しばらく桐生院には帰さない。みんなによろしく』

母さんをマンションに連れて帰る!?

しばらく桐生院には帰さない!?

きゃーーーー!!

「ちょ…ちょちょちょっと待っててね!!」

あたしは詩生にそう言って、まずは…父さんに返信を。

『父さんから文字キター!!』

『ラジャー!!(スタンプ)』

『Good Luck!!(スタンプ)』

それから、家族のLINEグループには…父さんにもバレちゃうから…

「……」

父さんと母さん以外、おじいちゃま・おばあちゃま・お兄ちゃん・お姉ちゃん・海君・聖に。

『父さんからLINE来た!!』

そして、父さんからのLINEをスクショして送信。

『絶対冷やかしのLINEとかせずに、静かに見守ってあげよーねー!!』

そう書いて送った。

おじいちゃま『それで打ち上げ不参加か。まあいい。許そう』

おばあちゃま『まあ!!知花に何か送りた~い。でも我慢する~…』

お姉ちゃん『母さん…拉致られた(笑)』

聖『しばらく二人きりもいーんじゃねー?良かった良かった。てか、スクショ(笑)』

海君『一安心』

すぐさま返信があったけど…お兄ちゃんだけ反応なし。

ま、いっか。

「お待たせ。」

あたしがスマホをバッグにおさめて振り返ると。

「じゃ、しばらくは俺達にも…色んなチャンスがあるわけだ。」

詩生はそう言って…

「続き。」

あたしの腰を抱き寄せて、キスをした。

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(101歳)ID:5624247・11/18

    エミリーさん
    お気付きになられましたか!
    そうなんですよー!
    華月ちゃん、優しい義妹♡
    海君には、これから桐生院家にもまれて、もっと人間らしくなってもらいましょう。

  2. ヒカリさん(101歳)ID:5624246・11/18

    カリンさん
    私の願望ではないのですが、こいつらメロメロにしてやるぜぇ〜!イチャイチャしやがれ〜!って、ある意味Sっ気出して甘々に…^^;

  3. エミリーさん(101歳)ID:5606810・11/16

    家族のLINEに海くんが!笑

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 元夫に彼女が出来て大激怒した
  2. 反抗期の息子「再婚待とう」と彼
  3. 結婚式するしないで日々ケンカ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3