ブログランキング65

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1755
  • 読者 475
  • 昨日のアクセス数 3835

ショボン【340】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/15 21:53:10

  • 43
  • 2

★ボクはそれでも恋をする★       





「熱っ、凄い熱だ」


カオルを軽く揺り動かす。


「カオルさん、ボクです。わかりますか?」


カオルがうっすらと目を開けた。


「あぁ……タクミか……帰って来たんだな」

「はい。カオルさん。凄い熱ですよ。ソファで
1晩過ごしたんですか?


「あぁ?……ああ。多分な」

「部屋に行きましょ。立てますか?」

「大丈夫だ。それより、お前帰国したばっかり
だろ。帰って休め」


タクミはぷ~っと頬を膨らませる。


「ボクの心配なんてどうでもいいです!早く
部屋へ!」

「大きな声を出すな……」

「ぁ……はやく、へやに、いきましょう」←小声


すると、カオルがポケットを漁り、鍵を出す。


「先に行って、玄関を開けておいてくれ。俺は
店を片付けてから行く」

「はい!」


タクミは鍵を受け取り、事務所のドアまで
勢いよく行って、ハタっと気づく。


「片付けてから?はぁ?」


クルッと振り返りカオルを見る。カオルは
笑いながらタクミを見ていた。


「もぉ~、危うく騙されるところでしたよ」

「フフフ」

「こんな時までボクをからかって遊んで…」


タクミは戻ってきて、カオルの背中と膝の
裏に手を挿し入れた。


「ふんっ!!」

「やめとけ」

「ふんん~~~!」

「立てるし、歩けるから。腰痛めるぞ」


タクミは自分の小さい体と、非力な肉体を
心底情けなく思いうなだれる。


「その気持ちだけで十分だ。肩を貸して
くれると助かるんだがな」

「はい!」


ショボンとするタクミを慰めるように、
肩を借りて立ち上がる。



病人が気を使ってどうする……  By 神






△(´・ω・`)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5607305・11/16

    ジゼルさん

    あらあら、それは大変でしたね。
    ジゼルさんに改めてよろしく
    お願いします。

    スマホからだと、妙な改行になったり
    したりするので、読みにくかったら
    すみません。

  2. ジゼルさん(99歳)ID:5606978・11/16

    エリス先生
    お久しぶりです。PCがお臍まげて初めてのスマホでコメントです。
    ベネデツタからジゼルに生まれ変りました❗
    これからもしつこくよろしくお願いいたします。
    カオルさん大丈夫ですか(。>д<)心配です。 が でも変に期待もあります🎵(^-^)

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       「タクミ...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       ピーンポ...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       数時間後...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       午前の面...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 弟に彼女が出来て家追い出された
  2. 入籍直前に彼の借金発覚して驚き
  3. 「カレーに入れる肉」で夫と喧嘩

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3